オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・ライブ鑑賞後の感想をゆるゆると呟いたりする気ままなブログ。

2023-03-01から1ヶ月間の記事一覧

ロバート・エガース監督に夢中❤②〜「監督の好きな映画10選」

昨日に引き続き、Indie Wireに掲載されたクリスティアン・ジルコ氏というライターの方の記事「ロバート・エガース監督の好きな10選」について。 最近ヲタクの中で、「新作が公開されたら真っ先に映画館に駆けつけたい」監督No.1と言えばロバート・エガース監…

フローレンス・ピュー、ティモシー・シャラメとの再会を喜ぶ

『DUNE /砂の惑星 PART 2』で、皇帝の息女コリノ家のイルラン姫の役で出演するフローレンス・ピュー。彼女は以前、グレタ・ガーウィク監督の『ストーリー・オブ・マイ・ライフ わたしの若草物語』で既に主役のティモシー・シャラメとは共演済みですが、今回…

ロバート・エガース監督に夢中❤①〜『ウィッチ』・『ライトハウス』・『ノースマン』

Indie Wireに面白い記事見つけました〜 「ロバート・エガース監督の好きな映画10選」。クリスティアン・ジルコ氏というライターの方の記事なんですが、いちいちヲタクのツボにハマっちゃったんで、今日はこの記事をご紹介します。 ロバート・エガースは映画…

映画に見るウィーンの2つの貌〜『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』&『愛の嵐』

今回ご紹介するのは、「映画で巡る四都物語」音楽の都ウィーンです。ヲタクもヨーロッパに住んでいた頃、夏休みを利用してウィーンを訪れました。パリやロンドンはあまり治安が良くなくて、絶対夜足を踏み入れてはいけない地域はあるし、ボーッとしていると…

パリを舞台にしたおススメ映画PART4〜『死刑台のエレベーター』『さよならをもう一度』

「パリを舞台にしたおススメ映画」第4弾は、モノクロ画面で輝く美しいパリ……でございます。 ★死刑台のエレベーター(1958年) 武器密売に手を染めるカララ社の社長夫人フロランス(ジャンヌ・モロー)は、年の違いすぎる夫カララとの結婚生活に絶望、夫の部…

パリを舞台にしたおススメ映画PART3〜『パリ、嘘つきな恋』『冬時間のパリ』

今日は「パリを舞台にしたおススメ映画」第3弾上映当時もあまり話題にならなかったけれど、そのまま埋もれてしまうには惜しい映画を2つ選んでみました。 ★冬時間のパリ(2018年) 冬は、パリが一番パリらしい季節。そんな「冬時間のパリ」に繰り広げられる…

ティモシー・シャラメがボブ・ディランを演じる『A COMPLETE UNKNOWN』プリプロ開始

※ボブ・ディランを演じるティモシー・シャラメ。隠しても隠し切れないスターのオーラ(笑) あのティモシー・シャラメが伝説のシンガー、ボブ・ディランを演じることが報じられて早や2年。主にコロナ禍が理由で予定は延びに延び、「もしかして製作中止!?…

Wニコラス豪華共演〜吸血鬼コメディ『レンフィールド/Renfield』予告編解禁

ニコラス・ケイジがドラキュラ伯爵を演じるという映画『レンフィールド』の正式なトレイラーがついに解禁〜〜❗配給元のユニバーサル・ピクチャーズって、『透明人間』で成功して以来、古典的なホラー映画のリブートに力を入れ始めたらしく、『レンフィールド…

オースティン・バトラー『ヒートHEAT 2』(マイケル・マン監督)に出演❗

ノワール映画の名作『ヒートHEAT』の続編に我らがオースティン・バトラー、出演決定〜〜❗ぱちぱちぱちぱち 惜しくもオスカーは逃したけど、バズ・ラーマン監督が予言した通り、「第2のレオナルド・ディカプリオ」への道まっしぐら。次々と大作、話題作のオ…

ジャン・コクトー没後60年映画祭③〜宝石のような映像詩『詩人の血』

詩は全て紋章である。解読するには詩人の血と涙を必要とする。 冒頭のモノローグが全てを語るような、場面の一つ一つが宝石のように美しい映像詩です。 自室で人の顔のデッサンに余念がない詩人(エンリケ・リベロス)。するとその唇だけが生きたように動き…

BAFTA(英国アカデミー賞)にベン・ウィショー、ゲイリー・オールドマン、キリアン・マーフィーがノミネート❗

つい先日、BAFTA(英国アカデミー賞)各賞候補者が発表されました。助演男優賞は昨日のブログでも呟いた(叫んだ?)通り、ジャック・ロウデン一択なんだけど、主演男優賞は迷う〜〜〜❗今回、推しのオンパレードなんだもん(笑)それぞれドラマ自体も素晴ら…

ジャック・ロウデン『窓際のスパイ』でBAFTA(英国アカデミー賞)ノミネート❗

ジャ〜〜〜ック❗やったぁぁぁ〜❗ 昨年のBAFTA(英国アカデミー賞)スコットランドで『Benefiction』(テレンス・デイヴィス監督…第一次世界大戦に軍人として参戦、そのあまりにも非人道的な戦場の惨状に精神を病み、戦後反戦詩を書き綴ったジークフリート・…

マイク・フェイスト、ウェストエンドの舞台『ブロークバック・マウンテン』に出演決定❗

※ジャック役のマイク・フェイスト(左)愁いを帯びた横顔が、横顔が…… 朝っぱらから、(ヲタクにとっては)大・大・大ニュースが解禁〜〜〜❗我が最愛の推し、マイク・フェイストがウェストエンドの舞台『ブロークバック・マウンテン』に主役の1人、ジャック…

ジャン・コクトー没後60年映画祭②〜『美女と野獣』

『オルフェ』(1950)に続いて今回ご紹介するのは、『美女と野獣』。ディズニーのアニメ版・実写版、劇団四季の舞台等で有名すぎるほど有名なお話ですが、元祖はコチラ❗ 原題は『La Belle et la Bête』、まんまです(^_^;)ディズニー版ではたしか「Belle ベル」…

ジャック・コクトー没後60年映画祭①〜『オルフェ』(1950年)

詩人、小説家、劇作家、評論家、画家、映画監督、脚本家……という多彩な貌を持ち、「芸術の神」とも言うべきジャン・コクトー (1889年7月5日 - 1963年10月11日)。今年(2023年)は彼の没後60年とのことで、全国各地で「ジャン・コクトー没後60年映画祭」と銘…

SFカルトムービー『フラッシュ・ゴードン』4Kで復活❗(テーマ曲はクイーン🎵)

『スター・ウォーズ』やMCU&DCヒーロー映画の原点とも言うべき『フラッシュ・ゴードン』が4Kスクリーンで復活とな!?これはぜひ観に行かねば、うん。……と思ったら早速、クイーンのあのフラーッシュ❗アァ〜〜、フラーッシュ、アァ〜〜❗のテーマソングが脳…

バリー・コーガン✕ポール・メスカル、アイリッシュスリラー『Bring them down』で共演

昨日リドリー・スコット監督が再びメガホンをとる『グラディエーター』で、今世界が大注目のライジングスター、バリー・コーガンとポール・メスカルが共演するというニュースをお知らせしましたが、またまた新たなお知らせが(^_^;)2人めっちゃ売れっ子やん❤…

バリー・コーガン✕ポール・メスカル『グラディエーター2』で激突❗

最近ヲタクの中で「推し度」爆上がりのアイルランド人俳優、バリー・コーガン。先日のアカデミー賞でも『イニシェリン島の精霊』の好演で助演男優賞にノミネートされ、ハリウッドでも大注目のライジングスター。そんな彼が、公開されればアカデミー賞大本命…

『熱狂❗ヤヴォルカイ兄弟〜華麗なるロマ音楽の世界(みなとみらいホール)

みなとみらいホールで、ヤヴォルカイ兄弟のコンサートを鑑賞……というより、観客一体型の「It's Showtime❗」に参加してきました❗(笑) ロマ音楽伝承を旨とする家庭に育ち、ロマ音楽を血とし肉として育ったヤヴォルカイ兄弟。ウィーン国立音楽大学卒業という、…

リチャード・マッデン主演〜スリリングなスパイアクション『シタデル』配信開始

今年のアカデミー賞、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が独り勝ち状態でしたねぇ。作品の熱が凄かった。その勢いを駆って、プロデューサーであるルッソ兄弟が世に放つスパイアクション超大作『シタデル』が、Amazonプライムでいよい…

アンドリュー・ガーフィールド✕フローレンス・ピュー、ラブコメで共演!?

先日のアカデミー賞授賞式で共にプレゼンターとして登場したアンドリュー・ガーフィールドとフローレンス・ピュー。二人が映画で初共演するという嬉しい情報が解禁されました〜❗ スタジオ・カナル制作の『We Live In Time』という映画で、監督は※ジョン・ク…

『異人たち』〜アンドリュー・スコット✕ポール・メスカルで『異人たちとの夏』リメイク❗

※ポール・メスカル(左)とアンドリュー・スコット ヲタクの愛する推し、アンスコことアンドリュー・スコットの新作情報❗しかも主役〜〜 その独特の魅力と、主役も脇役もチョイ役も(笑)こなせる確かな演技力から、英国の映画やドラマというと必ずと言って…

パリを舞台にしたおススメ映画〜PART2『ミッドナイト・イン・パリ』(2011)

パリを舞台にした映画……というと、真っ先に頭に浮かぶくらい、ヲタク大好きな、大好きな映画『ミッドナイト・イン・パリ』(2011年)❤監督のウッディ・アレンの分身のような主人公が、現代のパリと、1920年代、さらには1890年代のパリを行ったり来たりする……

パリを舞台にしたおススメ映画PART1『幻滅』『メグレと若い女の死』『エッフェル塔〜創造者の愛』

いつの頃からでしょう、「映画で巡る4都物語」について語りたい……という想いがヲタクの中で芽生えたのは。4都……とは、いまだその地を踏む機会がない憧れの街ニューヨーク、今まで訪れてすっかり魅了されてしまったロンドン、ウィーン、パリの4都。これま…

宇宙を巻き込む壮大な母娘ゲンカ〜『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』

まずもってヲタクはミッシェル・ヨーと同年代だし娘も2人いるので、最初から最後まで笑ってハラハラして頷いて、ラストは涙ドバー(笑)一言で言えば、中国から駆落ち同然でアメリカに来て、苦労して苦労して生きてきた(今も相変わらず苦労している^^;)母…

セバスチャン・スタン✕ポール・ダノ『ダム・マネー ウォール街を狙え!』追加キャスト発表❗

ダムマネー(Dumb Money)は、日本語で「愚かな資金」とも呼ばれ、マーケットにおいて、冷静な状況判断ができない投資家の資金をいいます。 冷静な状況判断ができる投資家の資金である「スマートマネー(賢い資金)」とは反対のもので、その時々のマーケット…

ロンドンを舞台にしたおススメ映画〜PART2

昨日に引き続き、『ロンドンを舞台にしたおススメ映画』PART2の5作品のご紹介でございます。前編の時も言ったけど、作品選びがマイナーすぎる…(^_^;)007シリーズより『オペレーション・ミンスミート』、『英国王のスピーチ』より『女王陛下のお気に入り』…

ロンドンを舞台にしたおススメ映画〜PART1

チャールズ国王の戴冠式も間近(5月)に迫り、例のヘンリー&メーガン問題やら、記念コンサートにエルトン・ジョンやハリー・スタイルズから断られた、はたまた我が国でもどなたがご出席されるのか…etc、何かと英国が話題の今日この頃。…なので、今回は「映…

横浜みなとみらいの鼎泰豊でランチ

ものすごく久しぶりに、みなとみらいランドマークタワー内の鼎泰豊(ディンタイフォン)でランチ。いつも動画の更新を心待ちにしているYou Tuber「無職旅」さんが1月2月と台湾旅行した動画をUpしていて、無職旅さんは鼎泰豊の有名な小籠包を 幸せの味がす…

クリス・エヴァンス✕アナ・デ・アルマス『ゴースティッド/Ghosted』で3度目のマブダチ共演

『ナイヴズアウト』(ダニエル・クレイグがオトボケ探偵を演じたミステリー映画)で初共演を果たし、Netflixで大ヒットした『グレイマン』で2度目の共演、そして現在は『ゴースティッド/Ghosted』(AppleTV+)の公開を待つばかりのクリス・エヴァンスとアナ・…