オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

だけど本が好き❤️

ジャクロくん、アイスランドを旅行中🇮🇸

(Iceland from Pixabay) 「ふたりの女王~メアリーとエリザベス」のDVDが発売され、動画配信も始まって、ワタシたち日本のジャクロファンが「色気ダダ漏れ」ダーンリー卿に漏電(笑)している間に、当のご本人は、「氷と炎の国」アイスランドをご旅行中✈️イン…

リスベット・サランデル再び~『蜘蛛の巣を払う女』

映画「蜘蛛の巣を払う女」U-NEXTで。21世紀文学において最も強烈なダーク・ヒロインと言われるリスベット・サランデル。小柄な、少年のような体駆なのに、顔中にはピアス、背中にはドラゴンの黒々としたタトゥー。その生い立ちから、男性の暴力を激しく憎み…

「漂々亮々」(ピャオピャオリャンリャン~眼が覚めるほど鮮やかで美しい)な吉沢さん

「6/28発売のNYLON guys JAPAN 8月号のカバーには……!どんな役にも染まる注目度NO.1俳優が登場。 彫刻のような顔をもつカバーボーイは誰?ピンときたら、即コメントしてね♡」 っていうツイート「…どんな役にも染まる」っていうNYLON JAPANさんの表現にもうっ…

吉沢亮の凄絶な美~「華の碑文」

吉沢さんの美を表現するのに、「平成史最高峰の美男」(いよいよ殿堂入りを果たしましたね❗)「美の暴力」「彫刻の森美術館」…さまざまな言われ方があるわけですけれども、個人的に、演技者あるいは被写体としての吉沢さんを拝見すると、どうしても「凄絶な美…

「盤上の向日葵」映像化❗主演は千葉雄大くん

大好きな柚月裕子さんの「盤上の向日葵」ドラマ化、待ってましたぁぁミステリーでありながら、一人一人の人間像とその背景が濃密に描かれている作品で、読んだ時から、(これ、映像で見たいなー)って思ってたので嬉しい~~しかも主演は千葉雄大くん❗NHK …

哀悼・京マチ子様~「雨月物語」から村上春樹へ

女優の京マチ子さんが亡くなったと、今朝のニュースで知りました京マチ子さんと言えば、巨匠と言われる監督に愛され、黒澤明監督の「羅生門(芥川龍之介・作)」がヴェネチア国際映画賞金獅子賞と米国アカデミー賞名誉賞、溝口健二監督の「雨月物語」がヴェネ…

薪能の季節到来🎵~吉沢亮に脳内変換その2

春の訪れ。ワタシ的には、外ヨガの季節到来であると同時に、薪能のシーズン開幕でもあります。ご存じのように能楽は通常能楽堂で行われますが、夕闇迫る頃、戸外で篝火に照らされながら演じられるのが、薪能。早速、5月に開催される川崎大師の薪能に申し込…

さすがディオール🍹ドリンクもピンク~お洒落な小道具アレコレ

吉沢さんが手に持っているのって、アディクトシティの公式ページにあった、「フォトジェニックなシティドリンクをイベントで限定販売」ってヤツかな。ベリー系の飲み物ですね、きっと炭酸で飲みやすそうさすがディオールのイベント、ドリンクまでピンクでト…

吉沢さんの光と影~「さくら」映画化

折しも桜の花が満開以前記事でも書いたように、坂口安吾の「桜の花の満開の下」で、「人外さん」の吉沢さんに想像(妄想❔)を巡らせているところに、嬉しいニュースが❗その名も「さくら」(西加奈子・原作)あ、作中のサクラはワンちゃんの名前ですね。吉沢さん…

吉沢亮と桜🌸~花言葉はSpiritual beauty

先日記事に書きました「Commercial Photo」の表紙、熱帯魚の水槽に囲まれた幻想的な世界の吉沢さん。なんだかもう人外な美しさで上田秋成の「雨月物語」思い出したりして、それからはワタシのオタク妄想の中で、「吉沢亮~この世ならざる者」がマイブーム(…

吉沢亮 in 京都 「ちょっとピンぼけ」

吉沢さんのsecond写真集「One day off」京都の秋。 いわずと知れた、Vivi2018年国宝級イケメンの吉沢さん、in 京都。ワタシ的には、その時の「平成史最高峰の美男、ついに頂点へ」というキャッチコピーが大好きなんです。吉沢さんには、美男子とか、眉目秀麗…

吉沢亮 as 薫の君 Vivi3月号より

いろいろとオタクの幻想をかきたてて下さるVivi3月号「国宝級イケメンを撮り下ろし! もっと美しい吉沢亮」いやほんとに美しかったですよ…(* ´ ▽ ` *)何のお手入れもなしにあの美しさ。困っちゃうよね、女子(-∀-) 公式LINEで送って頂いた、舞台裏の放心状…

カンダコーヒーで妄想した結果

がこれっ❗「新撰組血風録」 ソフトバンクの浩次兄さんの野武士がアタマにこびりついていたせいか、家を出る時持って出た、今日の文庫本☝️ 吉沢さん、いつかガチで新撰組の土方歳三を演じたいとおっしゃっていましたが、いくら演技派の吉沢さんとはいえ、やは…

北欧ミステリにハマる

ダークな北欧にどっぷりハマる「北欧ミステリー」おすすめ本 | 編集部ブログ | mi-mollet(ミモレ) | 明日の私は、もっと楽しい See you in a barの、押見修造さん(ぼくは麻理のなか)との対談で、吉沢さんも押見さんも、「一見キレイに見えるものに隠されて…

吉沢亮に脳内変換してみる

吉沢さんのカメレオン俳優ぶりを見ていると、ついオタクの妄想が暴走してしまいます。最近のワタシの楽しみは、お気に入りの小説の登場人物を、吉沢さんに脳内変換して読み返すこと…なので、そのつもりでお読み下さい あくまでワタシ個人の意見ですのでね 三…

吉沢亮 as 土方歳三(十四郎じゃないよ❗)

1年前くらいのインタビュー記事で、吉沢さん、「まだ時期は早いけど、いつか、ガチで土方を演じてみたい。大河「新撰組」の土方、めっちゃカッコ良かったです」と答えてらして、ワタシは思わず、「よっしゃああああ(*´∀`)♪その野望ずっと忘れないで❗」と、ス…