オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、鑑賞後の感想を呟いたりしています。今はおうちで珈琲片手に映画やドラマを観る時間が至福。

ヨーロッパ映画

スペイン・ミステリー再び〜Netflix『INFIESTO インフィエスト』

Netflixでスペイン発のミステリー『INFIESTO インフィエスト』鑑賞。 スペイン発ミステリーと言えば思い出すのが、去年観た同じくNetflixの『神が描くは曲線で』。『神が〜』は典型的なイヤミス作品で、観終わった後、横で観ていた夫が「うー、なんて結末だ…

ファンタスティック・フォーのマカロニバージョン❗❓〜『フリークスアウト』

横浜は黄金町のミニシアター「ジャック&ベティ横濱」にて、『フリークスアウト』鑑賞。 ※泣いてばかりの弱虫マティルデがラストに大変身を遂げるクライマックス、見逃さないで❗ 第二次世界大戦下のイタリア。ユダヤ人のその名もイスラエルは、貧乏サーカス…

ウェンズデーもまっつぁおなダークヒロイン爆・誕❗〜『マッド・ハイジ』

KINOシネマ横浜みなとみらいにて『マッド・ハイジ』鑑賞。 一言で言えば…… 🎵雪の山なっぜ〜、血の色に染まってるの❓ 🎵アルムの木なっぜ〜、首が刺さってるの❓ 🎵教えて おじいさん 教えて おじいさん 🎵教えて〜〜ア・イ・ツの殺し方🔪🗡 ……てな映画でした❗ アルプスの…

ティルダ・スウィントンありきの映画『ヒューマン・ボイス』

U-NEXTで『ヒューマン・ボイス』(ペドロ・アルモドバル監督)鑑賞。30分の短編ながら、密度の濃い、一人の女性の人生がその短い時間にギュッと凝縮されたような作品。 ※冒頭のシーン、バレンシアガの真紅のドレスを纏うティルダはまるでフランドル派の絵画の…

ロバート・エガース監督に夢中❤②〜「監督の好きな映画10選」

昨日に引き続き、Indie Wireに掲載されたクリスティアン・ジルコ氏というライターの方の記事「ロバート・エガース監督の好きな10選」について。 最近ヲタクの中で、「新作が公開されたら真っ先に映画館に駆けつけたい」監督No.1と言えばロバート・エガース監…

映画に見るウィーンの2つの貌〜『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』&『愛の嵐』

今回ご紹介するのは、「映画で巡る四都物語」音楽の都ウィーンです。ヲタクもヨーロッパに住んでいた頃、夏休みを利用してウィーンを訪れました。パリやロンドンはあまり治安が良くなくて、絶対夜足を踏み入れてはいけない地域はあるし、ボーッとしていると…

名監督たちのミューズ〜ティルダ・スウィントンのおススメ映画10選

『アラビアン・ナイト 三千年の願い』を見て、御年63歳というのに、変わらぬ知的な美しさにまたぞろティルダ・スウィントン熱が……(単純 笑)でもって、彼女の過去の作品を見返したりしている週末。なので今日は、世界でも名だたる監督たちからのオファーが…

ギレルモ・デル・トロ監督『パンズ・ラビリンス』日本最終上映

ギレルモ・デル・トロ監督の名作『パンズ・ラビリンス』が3月10日から全国の映画館50館で1週間限定上映されるそうです。「デル・トロ監督の作品の中でも一二を争う名作が再び映画館で〜〜、やったーー❗」と小躍りしたのもつかの間、その理由は「日本国…

久しぶりのイヤミス映画〜Netflix『神が描くは曲線で』(オリオル・パウロ監督)

Netflixオリジナルの映画『神が描くは曲線で』鑑賞。いや〜、久しぶりに※イヤミスの典型みたいな映画見たわ〜〜❗ ※そのものズバリ、読んだ後あるいは観た後、イヤな気持ちになるミステリーのこと。人間の狂気や、心の闇の部分に焦点を当てているため、ナゾ解…

ドキュメンタリー『ルキノ・ヴィスコンティの世界』~デカダンスの表現者

デカダンスとは…… 退廃主義。頽唐(たいとう)派ともいう。衰微、衰退を意味する語で、ギボン著『ローマ帝国衰亡史』(1776~88)に読まれるように、ローマ帝国が爛熟(らんじゅく)から衰退、破滅に向かう過程の病的で享楽主義的文芸の風潮をさすことば。19世紀…

ミュージカルコメディ『鬼火』(東京国際映画祭)~近来まれに見る珍作

東京国際映画祭で、ジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督(ポルトガル)の『鬼火』(ワールド・フォーカス部門)鑑賞。なぜこの作品をヲタクが珍作と呼ぶか❓……そりゃもうアレですよ、アレ(笑)自慢ぢゃないけどヲタク、半世紀以上生きてきて、こんなに沢山の男性のア…

『ノースマン /導かれし復讐者』が、やっぱりヤバいことになっていた

ヲタクじつは、今年の4月、ロバート・エガース監督の『ノースマン / 導かれし復讐者』の日本公開が決まった時、キャストやストーリーの概略を読んで、「『ノースマン』がなんだかヤバいことになっている」という記事を書いたんですが、今回「東京国際映画祭…

『イントゥ・ザ・ラビリンス』~二大名優が仕掛ける究極のマインドファック

サスペンス、スリラーには目がないヲタク。あんまり勘の鋭いほうぢゃないけどそれでもかなりの量の推理小説は読んでるし、映画も見てるから、なんとなーく結末読めることが多くなって、(チックショウ、騙されたっ❗)って地団駄踏むことってそんなになくなって…

『クリスマスと呼ばれた男の子』~シモン・ドールか、ヘンリー・ローフルか

もい❗(フィンランド語でこんにちはの意) フィンランドオタクのヲタクです 笑 いつもヲタクがご紹介するフィンランドを舞台にした作品と言えば、ダークでデスパレートなミステリ(『刑事ソフィア・カルピ』)や、ぶっ飛んだヘビメタコメディ(『ヘヴィトリップ~…

ポーランドミステリー~Netflix『ヒヤシンスの血』

Netflixの新作スリラー『ヒヤシンスの血』(ポーランド)。北欧サスペンスと同様、東欧サスペンスもまた、ただただ謎解きをマニアックに楽しむよりは、その底に、社会的な諸問題や、歴史の暗部を摘発する意図がある場合が多い。この映画も、同じNetflixのサス…

映画で世界旅行✈️👜④~イタリア編

『ベニスに死す』(1971年) (From Pixabay) 19世紀末(…たぶん)のベニスを訪れた地位も名声もある富裕な老作曲家(ダーク・ボガート)。彼はそこで見かけたポーランド貴族の子息タジオ(ヴィヨルン・アンドレセン)の美しさに一目で心奪われます。老いて、後は醜く…

秋、深まりて🍁…『ヨナス・カウフマンコンサート』

(キノシネマ前の公園。木々が色づき始めていました) 今日は文化の日❤️文化の日に相応しい映画と言えばコレ(笑) キノシネマみなとみらいで、『ヨナス・カウフマン ウィーンコンサート』❗ウィーンのコンツェルトハウスで行われた、21世紀のキング・オブ・テノ…

トム・シリングの瞳の青さよ~『ある画家の数奇な運命』

キノシネマみなとみらいで、『ある画家の数奇な運命』(原題"Never look away"眼を逸らさないで)桜木町から歩いてキノシネマまで来ると、駅周辺やランドマークタワーの喧騒がウソのよう (秋晴れのキノシネマ周辺) ドイツ最高の芸術家と称される巨匠、ゲルハル…

歌に生き、愛に生き『パヴァロッティ~太陽のテノール』

キノシネマみなとみらいで『パヴァロッティ~太陽のテノール』鑑賞。個人的にはパヴァロッティと言えば、その神からの贈り物のような透明感のある明るい高音は言わずもがな…なんですが、一方では、「無名時代に結婚した妻と娘3人を捨て、娘より年下の相手と…

映画で世界旅行⑥~『ポルトガル、夏の終わり』

(From Pixabay) チネチッタ川崎でイザベル・ユペール主演の『ポルトガル、夏の終わり』。コロナ禍で海外旅行へ行けなくても、映画館に行けば、世界中どこへでも行けますよ ちょうど去年の今頃は『シークレットスーパースター』で暑い暑いインド、そして『パ…

ナヨ系イケメン❗❓ベン・ウィショーが…~映画『リトル・ジョー』

109シネマズ港北で、『リトル・ジョー』鑑賞。 見たいなぁ…と思う映画(だいたいミニシアター系のマイナー映画)って、自宅あるいは職場から一番近い映画館では上映されていないことが多いので、今日も仕事帰りに50分ブルーライン(横浜市営地下鉄)に揺られてセ…

震えるほどの感動~映画『コリーニ事件』(ドイツ)

チネチッタ川崎で『コリーニ事件』(ドイツ)。原作者のフェルディナンド・フォン・シーラッハは現役バリバリの弁護士。法律に精通した専門家が書き下ろした渾身の法廷サスペンスですから、面白くないわけがない❗主人公である弁護士の調査や、多数の証言によっ…

ティモシー・シャラメの『化学反応』~ああ、夢の共演😍😍

Cinemscafe netが、ティモシー・シャラメのここ数年の多作ぶり、そして来年以降も主演作が目白押しであり、またその作品に、驚異的に豪華なキャストが名を連ねていることについて、こう表現しています。 (シャラメは)彼らとどんな化学変化を起こすのだろうか…

イルヴォーロの映画とミュシャ〜ランチは「ドゥ・マゴ」」

(Photo of "Basilica di Santa Croce"from Pixabay) イル・ヴォーロの魅惑の歌声 渋谷文化村ル・シネマで「イルヴォーロ with プラシド・ドミンゴ~魅惑のライブ 三大テノールに捧ぐ」 2016年夏の宵、イタリアの若きテノール歌手3人のユニット、イル・ヴォ…

この胸の、この体の痛みを~「Girl ~ガール」

みなとみらいブルグ13で、「第2のグザヴィエ・ドラン」の呼び声も高い、ルーカス・ドン監督の「Girl~ガール」 ベルギー国内でも、オランダ語圏の話らしくって、いきなりオランダ語が聞こえてきて、それだけで胸がいっぱいになっちゃいました(ベルギーのオ…

グァダニーノ版「サスペリア」~何はなくともティルダ・スウィントン💕

ずーっと映画館で縁がなくて、観たいと思っていたリメーク版「サスペリア」❗U-NEXTで配信開始 結論から言いますと、本家とは全く似て非なるものに仕上がってますオリジナルは極彩色で、まるで夢魔の世界、観ながら「エログロナンセンス」という言葉が頭をよ…

ルーカス・ドン監督「girl~ガール」(ベルギー)公開❗ ~第2のグザヴィエ・ドラン~

(Photo of Antwerp from Pixabay) ベルギーのイメージっていうとビールかチョコレートなんですけどなにげにバレエ大国でもあるんです。バレエ界の巨人、あのモーリス・ベジャールが活動を開始した国(のちに彼はスイスに活動拠点を移しますが、彼が設立したム…

一瞬一瞬を眼に焼き付けたい~ルキノ・ヴィスコンティ「山猫」~本家アラン・ドロン

日本での上映の権利が今年で終了の為、全国で順次、最後の上映が行われているルキノ・ヴィスコンティ監督「山猫」4K完全修復版❗それもイタリア語版❗やっと横浜へ。劣化が激しかった本作品、あのマーティン・スコセッシ監督設立のフィルムファンデーションと…

あのファルハディ監督最新作「誰もがそれを知っている」(ジャック&べティ)

アスガー・ファルハディ監督といえば一昨年、脚本・監督を手掛けた「セールスマン」でアカデミー外国映画賞を受賞した時、トランプ大統領の政策に反発して主演女優のタラネ・アリシュスティ(とっても可愛くて可憐なイランの女優さんです)と共に授賞式をボイ…

映画「ロミオとジュリエット」~追悼・フランコ・ゼフィレッリ監督

イタリアの監督フランコ・ゼフィレッリ監督が96才で逝去されたそうです😢 ゼフィレッリ監督と言えばあまりにも有名なのが映画「ロミオとジュリエット」特に、劇中のロミオとジュリエットに合わせてティーンエイジャーの俳優を抜擢して、生命の躍動感溢れる「青…