オタクの迷宮~ 吉沢亮+宮本浩次+chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

吉沢亮 with ベルギービール



f:id:rie4771:20181209061625j:image

  Spurで吉沢さんが連載している「See you in a bar」以前からDマガジンで愛読しています。吉沢さんがゲストを招いて一緒に乾杯しながら対談する…という企画。ゲストの人選がまた渋くて(笑)対談の内容もかなり趣味に走っていて、面白いです。

   

     第9回のお相手は、「猫は抱くもの」の脚本家、高田亮さん。高田さんは、リバーズエッジの吉沢さんがお好きだそう。「みんなこうしなければならないという学校の同調圧力に乗れないはぐれ者が、川の対岸から眺めている感じが切ない」と。なるほどなぁ、文筆を生業としている方の表現って、当たり前だけど、やっぱり凄い❗😲

 

   この時、吉沢さんが飲んでらしたのが、ヒューガルデンホワイト。仄かな酸味の白濁ビール。ベルギーに住んでいた時、教会の前のカフェでよく飲んだなぁ。ベルギーの人たちは、一杯のビールで、何時間でもカフェでのんびりしているんです。日本では、ビールってキンキンに冷やして、それこそ「のど越し」を楽しむ感じでグイグイいきますが😅ベルギーの人たちは口に含んで転がす❔感じ。ビールを常温で出してくるカフェもあり、さすがにそれにはいつまで経っても慣れませんでしたが。アルコール度数の高いシメイのビールなどは、ワインに近いかな。…なので、我が家でベルギービールを飲む時は、ワイングラスを使うことが多いです。

 

  吉沢さんは2ヶ月ほどお酒を控えているので、軽いヒューガルデンにしたとか。きっと「サバ婚」の時ですね。顔がむくむからお酒控えていたと言ってましたよね。演技ではサイコパスやらオタクやら、クズ男やら何でもアリの吉沢さんですが、仕事への向き合いかた、私生活がしごく真っ当な感じが、ツボなんですよねぇ。

 

    最新号では、長年のお付き合いというスタイリストの荒木大輔さん(ディオールコレクションで、吉沢さんの隣にいらしたお髭の男性ですね)と対談されています。

 

    この時、吉沢さんが飲んでいたのは写真に写っているコレ🙄☝️ヒューガルデンロゼ❤️

ベルギーに住んでいた頃には見たことなかったんですよね。最近売り出したのかしら❔ロゼのグラスで乾杯する吉沢さんの写真を探しましたが見つからず😢

 

   吉沢さん効果で、ついまたアマゾンでぽちってしまいました。クリスマスにぴったりかも🎄🎅🎁✨と思い、嫁いだ娘たちが我が家に集まるクリスマスまでとっておこうと思いましたが、上の写真の通り、夫と開けてしまいました。そこはかとない酸味と甘味、何より淡いピンクの色がキレイ。クリスマスが来るまで何本なくなるかな(笑)