オタクの迷宮~ 吉沢亮+宮本浩次+chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

吉沢亮 in レミゼラブル~終わりなき旅路


f:id:rie4771:20190106194839j:image

   最近、困ることがある。画面に映る吉沢さんの姿を見ているうちに、気がつくと、いつのまにか表情筋(笑)が緩んで、口をあんぐりと開けていることだ。(まさかヨダレまでは流していないと思うが…)あまりにも夢中になってしまって、というか幸せ過ぎて、顔が弛みきってしまうらしい😅人から見たら、きっとかなり怖いか、あるいは不気味だと思うから、最近は吉沢さんの映画やTVはなるだけ一人の時に楽しむことにしている💦💦(嫁いだ娘たちも、実家に帰ると、ワタシの集めた吉沢亮ライブラリーを一緒に見るのを今までずっと強要されていたので、きっとほっとしているに違いない😅)

 

  …って、こんなことを言いたいわけじゃない😅

レミゼラブル~終わりなき旅路」

  美しい、温かい家族。家族に降りかかる過酷な運命。欲を言えば、馬場家の、幸せな時間がもう少し見たかったな~😅冒頭の場面は、馬場純(吉沢さん)がすでに少年刑務所を脱走したところで、3人の幸せな時間は時々フラッシュバックされるだけだったから。

 

  ご本人も言ってたけど、吉沢さんのボウズ頭「イケてました」😊なんか、一休さんみたいで可愛かった🎵幼い感じになるね~😆けっこう、好きかも❤️

 

  身寄りのない少年たちが暮らす徳田育成園で、素性をうすうす感づきながらも、庇ってくれる渡辺拓海(村上虹郎)。ピリピリ針ネズミみたいに殻に閉じ込もっている純が、だんだん心開いていくんだけど、本当にすこーしずつ変わっていくの。吉沢さんの演技はいつも、丁寧に、心の動きを手探りしながら、組み立てていく感じ。

 

  特に、初めて園のご飯を食べて、それまで一言も喋らなかったのに、思わず「うまっ」って言っちゃうところ😊純が拓海の髪を切っていて、純が初めて殺人を犯したことを告白し、拓海に「わざとじゃないんだろ、理由があったんだろ」と言われて、声を圧し殺して嗚咽するところ😊こういう設定って、とかく熱演が行き過ぎちゃうのがありがちだけど、吉沢さんのは抑制が効いてて、かえってそれで純の哀しさが際立つんだよね…😢また、村上くんの自由奔放な演技がいい具合にかみ合って。

 

  もうねー、純と拓海の二人がひたすら可愛いの❗

木の上に登って降りれなくなった例の子猫ちゃんを、吉沢さんが村上くんを肩車して助けるとことか。一緒にお酒飲みながら、ピーナッツ飛ばすとことか。(*≧з≦)ずーっとこの2ショット(いや猫ちゃんも一緒だから3ショット❔)見ていたいっ❤️

 

  奥田さんが(吉沢さんのことを)「将来いい役者になるんだろうな」とおっしゃったそうですね。

 

  奥田さん、お言葉ですが、いい役者、の前に、「もっと」と付け加えてくださいませね😅