オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

キングダム海外用PV翻訳してみた

 うぉぉぉ国宝級イケメン2人いよいよ海外展開か❔

海外用Trailor、編集の切り口が日本と全然違う😲特にアメリカ人は、虐げられた人間が圧政者を倒すため、剣をもって立ち上がるストーリーに燃えますからね~😀古くは「ベン・ハー」最近(…でもないか😅)ラッセル・クロウの「グラディエーター

 

  なんで、日本のPVでは…

1.  漂(吉沢さん)が主人公の信(山崎賢人)の腕の中で死ぬ悲痛な場面。

漂と信は幼なじみで、共に将来は天下の大将軍を目指して剣術の稽古に励んでいるのですが、若き王・政(吉沢さん2役)に生き写しだった為、政の影武者として召し上げられ、結果、身代わりに暗殺されてしまうのです😢

2. 信と政の出会いの場面

「漂はおまえのせいで死んだんだ!」と、信が政に叫んでますね。

 

…などなど、幼なじみの二人の友情が強調され、信は漂の遺志をついで国盗りに立ち上がるようなイメージですが、海外版は全く違う構成になっています。

 

  まず、漂は画面には登場せず、吉沢さん扮する漂のセリフ「奴隷は大人になっても奴隷。抜け出すには剣しかない」で幕開け❤️(いきなり吉沢さんの声から始まるので、ドキドキしましたよ😅)でもって、国家統一の野望を胸に、二人並んで月を見上げる、そのナナメ下からのカメラの角度、吉沢ファンとしては悶絶モノ。

 

  女優さんの扱いもそう。日本版では橋本環奈ちゃんにスポットが当たってますが、海外版はひたすら長澤まさみさんの妖艶なアクション映してますね(笑)海外では、幼いイメージのアイドルっぽい女優さんより、成熟した大人の女性がモテますからね。長澤さん、海外公開されたら、人気出そうですね。

 

閑話休題😅

 

  Trailorですが、下に白文字で日本語のセリフの翻訳、中央に赤いキャプションがついてますが、これは英語のみ😊…なんで、ちょこっと訳してみました。

 

In the Warring Staes Period

時は春秋戦国時代

Two boys risk their lives

二人の少年が命をかけた

A journey

into a bloody inferno…

血塗られた地獄への旅路

From the director of

GANTS & Bleach

ガンツ」「ブリーチ」の監督による

Their impossible dream

不可能かと思われた少年たちの夢は

thrusts warriors into action

戦士たちを決起させ

The boys strong will power

彼らの強き意志の力は

changes the world

世界を変えていく

 

  山崎賢人くん、命をかけて臨んだというだけあり、野性的な信になりきっているし(顔つきが違うよ~~😲)、吉沢さんはもう、若き王の気品ある佇まいそのもの(* ´ ▽ ` *)長澤さんが絶賛したという、長い髪をなびかせての剣術の美しさ、公開が待ちきれません❗

 

  早く春になれ~~❗

 

 

平野コージ(@hira_P_rock)

映画 #キングダム 先行して海外用PVが完成して公開されました。 日本では正式にオープンされてないですが海外に向けて発信!

#山崎賢人 #吉沢亮 https://t.co/HXzTQ6Fku7 https://twitter.com/hira_P_rock/status/1086080067774509057?s=17