オタクの迷宮~ 吉沢亮+宮本浩次+chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

オランジェットな吉沢亮

f:id:rie4771:20190124040603j:image


f:id:rie4771:20190124040954j:image

  今日のお題っていったい何なの❔ってハナシですよね😅えっと、吉沢さんが、ワタシの愛してやまない成城石井の季節限定版オランジェット(…だよね❔たぶん)と一緒に写真に映っていた、とゆうだけなんですけど😅でも、応援している俳優さんが自分の好きな本、映画、舞台、レストラン、カフェ、観光地…を好きだ、とか、経験したことがあるって偶然知った時の嬉しさったらないじゃないですか。まあこの写真は撮影用でしょうから、吉沢さんがオランジェット好きかどうかは定かじゃないですが。吉沢さんが視力検査してくれてるだけでいいのよ(⬅️違うか(-ω-;)

 

  でも、もうすぐ2月、2月といえば吉沢さんのお誕生日、吉沢さんのお誕生日と言えばバレンタインも近い、バレンタインといえばチョコレート、お、ムリヤリつながった❗

 

  輪切りのオランジェットってなかなかなくて。それもコスパいいやつ。成城石井が売り出すのもバレンタイン限定で、すごく残念。シャトレーゼのもコスパよくていいんだけど、コーティングのチョコがビターじゃなくてミルクチョコ😢

 

  美味しいオランジェットに出会うともう、嬉しくて記念写真まで撮っちゃうワタシ。オランジェットオタクな自分の好みとしては、コーティングしてあるチョコは薄くてビターなほうが好きで、オレンジピールは肉厚がいい。ベルギーの老舗ゴディバはピールがとっても太くて食べごたえあるし、チョコはビターで味は申し分ないんだけど、形が若干イ○○シに似ていて美しくない😅ウィーンの、ザッハトルテで有名なデメルのは、コーティングのチョコが甘過ぎ。ザッハトルテも甘過ぎ😅(ウィーン本店のザッハトルテ、大人3人くらいいないと食べきれないレベル😵💦)

 

でもって、今まで食べたなかで美味しかったオランジェット3選☝️まずは成城石井、農園指定のカカオ使用で有名なフランスのヴァローナ社、地元横濱ふらんすやまの木箱入り「オレンジショコラ」。写真は撮り忘れたけど、銀座のフレンチレストラン「ロテスリーレカン」のオランジェットも○(余談ですが、銀座レカン本店はお値段的になかなか敷居高いですが、ロテスリーのほうはランチならリーズナブル。それに、パティスリーが併設されてて、パンや焼き菓子をお土産に持って帰れる)

 

  まだ制覇していないのは、「サバイバルウェディング」で、さやか(波留)が編集長(伊勢谷友介)のオフィスでムシャムシャ食べて怒られてた「ピエールマルコリーニ」のオランジェット❤️ブリュッセルからロンドンに遊びに行った時、ユーロスター(高速海底鉄道)の、税関通過後にあるのがピエールマルコリーニの支店。宝石店みたいな店構え、黒づくめの金髪長身イケメン店員がすん(笑)って立ってて、外から店内をちらちら見たけど、とうとう中には入る勇気がなかったあの時。

 

  日本上陸した頃は銀座に行かないと手に入らなかったけど、横浜店がオープンしてからずいぶん行きやすくなった😊

 

  (ピエールマルコリーニのオランジェットを買いに)

「そうだ!横浜行こう🎵」