オタクの迷宮~ 吉沢亮+宮本浩次+chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

吉沢亮 in Vivi3月号~水も滴るイイ男

f:id:rie4771:20190131044822j:image

f:id:rie4771:20190216181521j:image

…って、シャレかと思ってたら、ホントに水、かけられちゃったんだ、吉沢さん😵💦スターも大変だ😵💦でも、水に滴る横顔は、絶品でございます(*´-`)

 

 Vivi、Dマガジンで拝見しました😊ひと昔前なら、こういう若いお嬢さん向けの雑誌、娘たちに頼んで買ってきてもらうところですが、今はネットで雑誌も見れるから便利~~🎵どうしても実物欲しかったらアスマートのオンラインショップあるし😃ネット万才❗🙌

 

  インタビューの内容、いろいろツボだったなぁ。自分を一言で表すと「臆病」だって。記憶が飛んじゃうほど飲んじゃった時は、翌日、「めんどくさいことになったら、誰かに見られたら」って死ぬほど後悔するって😢それは臆病じゃなくって、スターとしての「危機管理能力」というか、大人の分別なんだと思いますよ、うん。今ねぇ、すぐパパラッチされちゃうもんね。スターになることの代償とは言え、24才の男の子にこんなふうに思わせるなんて、罪だよね、ホント。吉沢さんは、自分が、「夢を売る職業だ」って、誰よりも理解している人だと思うから。そりゃー、インドアにもなるわ。外に出るの、面倒になっちゃうよねぇ😅何も悪いことしてなくても「私服がダサい」とか言われちゃうし😅あ、吉沢さんは私服とってもお洒落だから(One day off見てビックリしました😲)そういうディスリの心配はないけどね(笑)

 

   パパラッチなんて職業、いつから生まれたのかなぁ。今はSNSで、総パパラッチ状態だもんね。スターのお行儀の悪いとこ暴いて、誰が幸せになるんだろ(-ω- ?)

 

  昔神田の古本屋で「ハリウッドバビロン」っていう本を見つけて、軽い気持ちで立ち読みしたら、それが、憧れのハリウッドスターたちの胸が悪くなるような裏の顔を暴く内容で(まあ今から考えると、本当の話かどうかもわからないけど😅ワタシも若かったから)、帰り道、悪いことにポツポツ雨も降りだして、いやほんとにショックで泣きながら帰りましたよ。(安心なことにこの本は今は絶版のようです😊)スターを脳内で遊ばせて、自由自在に一人で楽しむ、オタクの敵ぢゃあパパラッチとスキャンダル記事のライターは🙎

 

と、年寄りの思い出ばなしは終わりにして(笑)

 

ばーちーさんとバレエを習うぅぅ~~❤️❤️ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァツボすぎる~~。わぁぁ、さ、さ、賛成ですっ、ものすごーく賛成ですっ❗(⬅️落ち着け、じぶん)賢い吉沢さんは「美男の概念」も、所作とか佇まい、スマートさだとおっしゃっていましたが、バレエはそのためには最適だと思います❗

 

  英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルに若くして上り詰め、突如退団してフリーになったセルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画「世界一優雅な野獣」、そういえば、あの芸術と表現に悩む若者の魂の遍歴、吉沢さんにも共通する気がするなぁ。


f:id:rie4771:20190131045043j:image

 

 

吉沢さんと バレエかぁ(* ´ ▽ ` *)

それこそ「きみはペット」のモモとか❔(汗)ペット役は1度経験済みですし(笑)疲れた働く女性たちに夢をちょーだい❗

 

でへへへ、また妄想のタネが増えたぞ~~🎵