オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

Marine and Walkで「やさしいハタヨガ」


f:id:rie4771:20190413130833j:image

  今朝10時の桜木町の写真です🎵みなとみらいMarine and walkに至るまでの桜はすっかり葉桜。でもここ数日、今日が唯一の晴れの予報のせいか、皆さんけっこう出足早いです😊駅前に水陸両用バスが止まっていたのでパチリ。ワタシも一度乗ったことがありますが、水に入る時思ったよりスリリングでヒヤリとしましたっけ😅陸と海、両方から見ることのできるみなとみらい、楽しかったです😊

 

  今日はMarine and walkの海沿いのデッキで、芥川舞子先生の「やさしいハタヨガ」

舞子先生は自宅でのヨガ習慣を提唱されている方で、ヨガ教室やイベント頼りのナマケモノのワタシには耳の痛い話でしたが😅でも、ヨガのインストラクターの方って本当に綺麗な方多いですね~😲ナチュラルメークなのに…。舞子先生は、とってもエキゾチックな美女でした🎵

 

  いろいろな流派がある中で、木の幹のような、一番基本となるヨガです。一番大事なのは「呼吸法」。ポーズは呼吸を深め、自在にコントロールできるようになるためのもの。ポーズの完成が目的ではないので、身体が柔らかい人、硬い人、それぞれの完成形は異なります。

 

  ヨガレッスンでは必ず入る基本的なポーズに「太陽礼拝」という一連の流れがあるのですが、潮風に吹かれながら、ホンモノのお日さまの下でポーズをとると、効果テキメンみたいな気がするので、ゲンキンなものです😅しかし、今日はうっかり日焼け止めを塗るのを忘れ、最後のシャヴァーサナ(仰向けの究極のリラックスポーズ)の時、顔に強烈な太陽の光が燦々と当たり、ワタシは声なき声を上げたのでした、じゃん、じゃん❗

 

ハタヨガは、肉体的な「姿勢」(ポーズ/アサナ)と「呼吸法」(プラーナヤーマ)を中心としたスタイルで、数々のヨガ流派の元祖とも言えるヨガである。一般的に「HATHA(ハタ)」とは、サンスクリット語で直訳すると「ハ(ha)=太陽」、「タ(tha)=月」という意味である。この2つの言葉の意味を組み合わせることによって、 「ハタ」は「太陽と月」、「陽と陰」、「精神性と生命力」と解釈することができる。(サイト『ヨガジェネレーション』より)

 

  朝早いレッスンのせいか、予約以外の方も受け付けていたようです。これから夕方にかけてと、明日もスケジュールがあるようですが、天気予報はあまりよくありませんね😢せめて雨が降らないといいのですが。雨の場合は、施設の中のレッスンに変更になるようです😊

 

  明日みなとみらい方面に来られる予定がある方は、チラッと覗いてみて下さいまし。