オタクの迷宮~ 吉沢亮+宮本浩次+chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

山崎賢人は同世代のトップランナーだ❗ by吉沢亮


f:id:rie4771:20190420074756j:image

日テレズムサタ「スナックモッチー」張ってたらやっぱりドンピシャだったわ❗折しも「キングダム」公開日の翌朝、眩しく尊い山崎賢人&吉沢亮、最強のバディ❤️

 

  吉沢さん、信と佐慈の最後の闘いの場面に泣いた…と。ひたすら夢を追い続ける信と、一度は将軍の地位にまで登り詰めながら、夢を諦め、暗殺者に成り下がった佐慈。「お前は戦場に出たことなんてないだろう。そんな甘っちょろいもんじゃない」と信を追い詰める佐慈。一度は心折れそうになる信が、立ち上がる場面、凄かった。ワタシも泣きました😭環奈ちゃんのひと声も良かった😊そしてまたあの場面を見て、年寄りが夢を追う若者の足を引っ張ったり、心を折るようなことしちゃいかん🙅それは実生活の教訓としてワタシ自身心に刻んだのであります(^-^ゞ

 

  吉沢さんは賢人くんのことを「真ん中に立つ人」っていつも表現するけど、ワタシは心からそれに賛同するし、それを見抜いて、自分の立ち位置をちゃんと把握して、行動してる吉沢さんもなんて賢い人なんだろうと思うわけです。

 

  世の中には、自然と人が集まってきて、沢山人がいるのに、どうしても目立っちゃう人がいるものです。俳優さんでも、演技の巧さとか顔の造りとかとは別に、何ていうんだろう、オーラが違うというか。生まれながらに選ばれた人。モーツァルトみたいに😊だからねー、賢人くんも、有象無象のディスリなんて気にしないでいい。第二の石原裕次郎になれる人だと思うから❗(たとえ古すぎ❔😅)

 

  吉沢さんは「アマデウス」の中で、モーツァルトよりサリエリに共感するっておっしゃってましたね。でもサリエリとは違って、嫉妬に苛まれることなく、モーツァルトを心から讃え、己れ自身の道、ひたすら演技を磨き抜いていく道を粛々と歩んでいる様は最高にカッコいい。吉沢さんは確実に「演技の達人」になれる人だと思うんです😊

 

…あれ❔いつのまにかまた吉沢さんの話になってる(笑)