オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

吉沢亮さんと言えばゲームだけど(笑)


 長女に「◯◯ちゃん(⬅️今年6才になる孫の名前😅)元気~~❔」ってLINEしたら、「元気だよ❗今パパと二人で『にゃんこ大戦争』にハマってる😅」って返事が返ってきた。このGWはまたパパと一緒にゲーム三昧だったらしい。フツーはそこでママが止めに入るところであるが、ママも立派なゲーマーなので(ゲームの好みが違うので、あまり一緒にはやらないらしいが😅)二人を笑って見ているだけである。孫は武器のトリセツを読む為に必死で文字を覚え、課金を計算してパパママと交渉するため、今では5ケタの暗算まで出来るようになっている。大したものである。

 

閑話休題

 

  「にゃんこ大戦争」❔どっかで聞いた名前アルね~🤷とアタマ絞ってたら、あっそーだ、吉沢さんが去年までハマってたゲームだ、って思い出した😅どこかのインタビューで言ってた。吉沢さんも筋金入りのゲーマーだけど、あの演技へのハンパない集中力と器用さ、長年のゲーマー生活で鍛えられた面もあるんじゃないか…と、ふと思う。

 

  ちょっと古い平成の話で恐縮だけど(笑)さんまの「行列の出来る法律相談所」テーマは「妻のトリセツ」夫は全て説明したがるけど、妻はそんなの求めていない、ただ聞いてほしい、共感してほしいだけ…。そうだよね、わかる。五月女太一の奥さん、西山茉希が「(たかがゲームなのに)今から敵と戦いに行ってくるとか言う🙎わけわかんないっ」「ゲーム中話しかけても、なんも聞いてない」て激怒してた😅そうだよね、わかる。オトコって、大なり小なりみんな「永遠の中二病」なんだわ(笑)「オトコとオンナの間にはァァ、深くて長い河があるゥゥ」って歌ってた人いたなぁ。「妻のトリセツ」吉沢さん、いつも通りニコニコ黙って聞いてたけど、内心(ヤバい、オレ、当分結婚できないかも)って思ったんじゃないでしょうか(笑)

 

  いつも使うバス停のそばにコンビニがあって、たまに小学生が3人(それがみんな可愛らしいイケメンなのよ=笑)、イートインコーナーでお菓子食べながらスプラトゥーンしてるんだけど、何年か経ったらこんなんなりました、っていうのが吉沢さんの「スマブラしりょう編」これぞ吉沢さんのモノホンのプライベートってカンジ。さすがに吉沢さんはオニ強く、後輩くんに「そういう戦い方はないだろ」ってボソッと呟いてるとこなんかは、フツーの男の子である(笑)