オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

なっちゃんと天陽くんの卒業式

  北海道編も、それぞれの、いろいろな卒業式で一区切りなんでしょうか😿悲喜こもごもですけれど。なっちゃんが勇気ふるってアニメーションへの思いを打ち明けてから、泰樹じいちゃんが元のウェスタンじいちゃんに戻ってホントに良かった😢柴田家が元の柴田家になったよー😭

 

  ゆみちゃんは北大受験へ。なんかねー、ゆみちゃん見てるとじぶんの少女時代を見てるみたいなんだわ😅ガリ勉で突っ張ってて(汗)だから密かに応援してます。他人とは思えなくて(笑)朝ドラって、大勢キャストが出てくるから、必ずじぶんと似た人、理解できる人が少なくとも一人は見つかる(笑)それが、日本中で愛される所以なんでしょうね。

 

  そしてなっちゃんと天陽くんも二人だけの卒業式。天陽くんは「なっちゃん、オレは待たないよ」と。「オレにとって広い世界はベニヤ板だ。世界は広すぎて無力さばかり感じる。でもそこで生きている自分の価値は他のどんなものにも流されない。なっちゃんも迷った時は自分だけの広いキャンバスに向かえばいい。そしたら、その広いキャンバスでオレとなっちゃんはつながっている」深いセリフでした😢

 

  なっちゃんにも天陽くんにもそれぞれ歩むべき道がある。道は別れていくけれども、自分が決めた道を一心不乱に歩いていく、という点においては、いつも心はひとつだよ…と天陽くんは言いたかったのでしょうか。天陽くんはきっと、幾つもの眠れぬ夜を乗り越えてなっちゃんに今向かっているから迷いのない表情だけど、なっちゃんはね、自分のキモチ、二人の将来、今初めて向き合ったからショックだね。悲しいね。でも、一言もなく、ただ涙を流し続けるなっちゃんはきっと、自分もどこかで天陽くんと同じ気持ちを抱いていたんだと気づいたのかも…。広瀬すずちゃんの演技がもう、素晴らしい❗の一言です。そしてそれをガッチリ受け止める吉沢さんも。今は淋しく哀しいけれども、世界のどこかには、そんな男女の在り方があってもいいんじゃないかと思います😃

 

  北海道の綺麗な、綺麗な大自然の中の、あたかも魂が共鳴し合っているかのような二人。

 

  ワタシは、朝ドラ史に残る名場面だと心に刻みましたよ😊