オタクの迷宮~ 吉沢亮+宮本浩次+chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

孫といっしょに「キングダム」を観た結果


f:id:rie4771:20190518145253j:image

 土曜日は孫のプログラミング教室の日😊習い事の送り迎えは、いつもはパパの任務なんだけど、用事が出来てばーばが代行することに(笑)…で、本来は続いてスイミングだが、最近飽きがきているらしく(映画コナンの京極真に影響されて、水泳からカラテに乗り換えたいらしい😅)サボりたいふうなので、パパママにお許しをもらって「キングダム」を見に行くことに😅

 

  「ほら、◯◯ちゃんの大好きな斉木楠雄と海藤瞬だよ❗」って言ってもぜんぜん信用しない(汗)ワタシが言うのもナンであるが、我が孫の顔面認識能力はかなり高いと思う(バババカですんまそん😅)その孫が認識できないんだから、山崎賢人&吉沢亮お二人の演技力の賜物でしょう😊

 

  孫が特に真剣に見入っていたのは、漂(吉沢亮)が王宮に召された後、信(山崎賢人)が一人で懸命に鍛練を積むところ。高くジャンプし、剣を振りかざして石を何度も突き刺してついに石が割れる。あえて聞かなかったけど、孫は孫なりに、目標を持って諦めずに努力することの大事さを心に留めたふうである😊

 

  しかし孫にとっていちばんのヒーローはなんと言っても大沢たかお扮する王騎❗王騎が最後のほうで重さ30キロの矛を振り回し何人もの兵がその風圧で吹っ飛ぶ場面、もう一回見たいらしい😅「あの矛はね、本当に重いの。◯◯ちゃんの体重より、10キロも重いんだよ」と話したら、「カッコいい~~❤️すごーい」ってまんま、馬に乗る王騎を遠くから眺める幼き日の信😍みたいになってた。今度はカラテじゃなくて、矛振り回したいって言い出すかも(笑)

 

  習い事➡️映画と座りっぱなしだったのでさすがにカラダがなまったらしく、久しぶりにみなとみらいMark isの「ボーネルンド あそびのせかい」へ。みなとみらいなんで、いつも外国人の親子(付き添いは殆どがオトーサン)がかなりの数、遊んでる。しかし外国のオトーサンたちはなぜか元気な人が多く、どっちが子どもかわからないくらいはしゃいでる。それに比べて数少ない日本のパパたち(日本の場合、付き添い役はママが多い)は携帯いじりながら時々遊んでる子どもを目で追ってる割合が多い…かな❔😅

 

いつも思うんだけど、この違いはいったい、どこから来るんだろう❔ナゾである😅