オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

「キングダム」贏政の背中❤️~壮大なBL


f:id:rie4771:20190519225324j:image

贏政の背中って、初めて見たような気がする(笑)

 

  映画を見る前は、贏政のヘアスタイル、由井正雪みたいな(…って、わかります❔😅)全くのザンバラ髪かと思っていたけど、そう、後ろで結んでいたんですよね。こうやって後ろから見ると、贏政が年相応の少年に見えます😊正面から見るとね、あの、ほら、吉沢さんの強烈な目力でヤられちゃうから(笑)もっとも実際には、贏政にとって後ろ姿を見せるということは攻撃の隙を与えることにつながるから、よほど信頼のおいた相手にしか、見せなかったでしょうけど…。あのいたいけな少年で、考えたらスゴイ人生だなぁ、贏政😢

 

   貂(橋本環奈)とのツーショット可愛い~😊映画の中の、贏政が一人すん、として超姿勢よく(笑)先頭を歩いてて、貂と信(山崎賢人)が後からじゃれながらついていくその三人の道中がもう、大好き❤️特に分かれ道で贏政が後ろ向いて貂をギロッとあの眼で睨んで、「(道は)どっちだ❔」それまで王さま贏政にかなりエラソーだった貂が思わず「ひ、左です😱(びしっ)」…で、信に「びびってやんの」って突っ込まれて、一拍おいて環奈ちゃんがボソッと「…ビビってねーし」って言う時のセリフの「間」と表情が超絶キュート(*≧з≦)あの若さで、日本では珍しい美少女コメディエンヌ環奈ちゃん。長澤アネゴの跡目を継ぐのは環奈ちゃんしかいない(笑)

 

  これくらい一つの映画にハマっちゃうともう、理屈じゃなくて、キャラの一人一人、場面の一つ一つが全てツボ化してしまいます。特に濱谷Pの

「漂と信は壮大なBL」

って名言を読んでからというもの、その言葉がアタマぐるぐる(笑)

 

  壁(満島真之介)が語る漂の最後に、「漂、やっぱお前すげーな」って嬉しがる信、眠りから覚めて贏政に漂の面影を見る信、そして何よりラスボス佐慈に「夢見てるヤツはクソだ」って吐き捨てられ、漂の幻に一生懸命「違うよな❔違うよな、漂」って泣きながら訴える信…。もうねえ、信の漂に対する愛の深さが切なすぎるよう😭😭それでもって賢人くんの表情、漂に対する愛の表現が、そのたびに変化するの。誰が何と言ったって、「キングダム」の山崎賢人は迫真の演技だよ❗またねぇ、漂を演じる吉沢さんの、目が美しくアーチ形になった、菩薩さまみたいな柔らかな笑顔。あれじゃあね、信が執着していつまでも忘れられないの、わかる(笑)…それにしても賢人くんと一緒の時の吉沢さん、ふだんと表情が違う😲ホントに楽しそう😊演技と、ホンモノのキモチがないまぜになった感が、ブロマンス愛好家としてはもう、たまらん(笑)オタクはね、応援してる人のシアワセそうな笑顔が何よりの好物なんです🎵

 

  「なつぞら」も天陽くんちょっとひと休み(笑)「吉沢が足りなくなったらキングダム」ってスタッフさん😊

 

  「キングダム」リピートして、天陽くんロスは漂と贏政に埋めてもらって、インタビュー&写真集の発売を待ちましょう(笑)