オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

ジャクロくん、エジンバラ国際映画祭でトークショウ


f:id:rie4771:20190718222343j:image

(Photo of Edinburgh from Pixabay)

昨年のエジンバラ国際映画祭で、最優秀英国映画賞に輝いた「最悪の選択」(製作・Netflix)に主演したジャクロくん。

 

  今年も招待されて、これまでの出演作の演技(特に「ダンケルク」「Tommy's Honour(トミーの名誉…日本未公開)」「ふたりの女王~メアリーとエリザベス」)について、6月にトークショウ「Jack Lowden in person」を行うそうです😊

 

  ジャクロくんはイングランド生まれですが、幼少の頃にご家族でスコットランドに移住されています。…ということはおそらく、ジャクロくんご一家は敬虔なカトリック教徒なのかな…と推察します。英国国教会は、エリザベス1世の父であるヘンリー8世カトリック教皇とケンカしてできたものですからね😅「ふたりの女王~」でもエリザベスとメアリーの間の最大の問題は宗教問題でした。ジャクロくん、インタビューで自分の演じたダーンリー卿ヘンリーについて、「この男、自分が王位につくために(あろうことか)カトリック教皇に直訴したんだぜ❗(許せん😡⚡)」みたいに話してましたからね😅

 

  宗教問題はともかく(笑)いいなー、ジャクロくんのトークショウ…それも今までのさまざまな演技について。今すぐエディンバラ行きの✈️に乗りたいっ❗(笑)