オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

デビュー10周年写真集「Departure」ついにキタ~❗😗

 もうね~、これね~、まさに❗

吉沢亮と過ごすロンドン~パリ~ブリュッセルコッツウォルズ~プライベート14日間周遊の旅      みたいな❗

 

  2nd写真集「One day off」の時はまだ、オフの1日、「素の吉沢亮」と銘打っていても、さまざまな雑誌の中の美しいグラビアとの境界線上にあったような気がするんです、微妙に。カメラマンであるジミさんのフィルターを通して、私たちもまた、日本一美しい男(…どなたか、異論ございます❔=笑)吉沢亮を愛でる…みたいな。

 

  でも今回の「Departure」は、写真展の囲み取材で

  素の、何も飾ってない自分をただ撮ってもらったので、一緒に旅行している感覚で見てもらえると楽しいと思います

と、奇しくも吉沢さんご自身がおっしゃったように、吉沢さんの表情がほぼ90%無防備で、素に近いような気がします😊無防備な吉沢さんはホントに色っぽいf(^^;

…でもって、そんな無防備で色っぽい吉沢さんの視線が、ほぼこっち向いてる(笑)ヤバいでしょ❔それ(笑)

 

 ロンドンのホテルの朝のテラスでこっち向いて笑いかける吉沢さん、 タクシーの中でカメラ向けて写真撮ってくれる吉沢さん。コッツウォルズのホテルのレストランで向き合って食事😋、パリのカフェで見つめ合い、エッフェル塔の前で一緒に鳩と戯れる…。ビールはあっちこっちで何回乾杯したかわかんないし(笑)🍻いつもながら私服が超可愛いし❗❗

 

  この写真集眺めてると、写真展の発言と合わせて☝️吉沢さんって、ホントに私たちファンを大事に思ってくれているんだなぁ…って、ひしひしと感じます😆🎶どうやったら、みんなが喜んでくれるか、いつも考えてくれてるんだなぁって。

 

  「最近は現場で自分がどんな演技を求められているか、何となくわかるようになった」と語る最近の吉沢さん。写真集の中でも、「何も飾らない自分」とは言いつつも、無防備でありつつも、感性鋭い吉沢さんのこと、私たちファンの望むものを感じ取って、そこはかとなく(⬅️ここ、大事😀)、私たちが気づかないように、それを10%くらい滲ませてくれているところがまた、ツボなんである😏

 

  さて、これからまた吉沢さんと一緒に非日常バーチャル・トリップ✈️…まずは…



やっぱりロンドンのホテル、お寝坊の吉沢さんを起こすところから❔(笑)