オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

「なつぞら」ブロマンス編PART2(ち、違う❔😅)

  いやー、今日はクライマックスでしたね❗なつのモデルとなった奥山玲子さんは、アニメーターの地位向上の為の組合活動にも熱心な方だったと聞くので、そういう奥山さんの実人生のエピソードが投影されている部分もあるのかな❔って思って見てました。うちのダンナも若かりし頃、会社の組合の委員長だったことあるんだよね。あの頃の会社の上層部との団交なんて、夜通しだもの。私も同じ会社だったから、組合活動の大変さはよくわかる、うん。会社側も組合側も、物凄い熱量だったよね…(遠い目)贔屓の夕美子ちゃん、男性陣を引き連れて乗り込んでいくところ、めっちゃカッコよかったぁ(^O^)がんばれ、夕美子❗

 

 「なつぞら」は、 十勝の牛飼いたちの革命😲パパになって貫禄を感じさせる天陽くんも、「戦意を断つな❗」…じゃなかった(オタクの耳にはどうしてもそう聞こえてしまう😅)「賛成❗工場を建てろ❗」と激しく応戦。ああいう時ってどうしても声が甲高くなりがちだけど、さすがは吉沢亮、重低音の野太い声で、めちゃくちゃ王者の貫禄だわ。

 

  しかしオタク的には、アレですよ、アレ😅一久さん(中川大志)と天陽くんの初対面💕一久さんが天陽くんの絵が好き…って聞いた時から、いつかは、と思っていたけど、ついに❗言葉少なく、微笑みながら、一瞬、視線が絡み合うの🎵

 

「はつぞら」ブロマンス編パート2の幕開けかしら💕(や、やっぱり、ち、違う❔😅)

 

  えっと、ヲタクの妄想はこれくらいにして(汗)今日はとてもドラマチックで、感動しました👊✨大原櫻子ちゃんが可愛いおかあちゃんだったねぇ。天陽くんも、なっちゃんも、番長(板橋駿谷)も(笑)おさまるところにおさまって、良かった、良かった😊