オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

「時計じかけのオレンジな」吉沢さん見たさにSeventeenにまで手を出した私

  …長いお題でスミマセン😅吉沢さん見たさについに「Seventeen」にまで手を出したじぶん(笑)さすがに近所の書店では、「娘に頼まれちゃってぇぇ、オホホホ」とかレジで突然言い出しても自意識過剰のヘンなオバサンだし。これはいつものAmazon頼みしかない。吉沢沼に沈んで以来Prime会員になったワタシ。書店で買うより数日遅れになるのはじっとガマン😣

 

  スタンリー・キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」のTシャツ着て、青の紗の布に底知れぬ瞳を映す吉沢さん、いと、うつくし。…だけど、映画の内容を考えると、この雑誌にこのTシャツ、ちとシュールである😅

 

  観たのかなー、好きなのかなー、この映画😃同監督の「博士の異常な愛情」が好き、って言ってるくらいだから好きかも💕(吉沢さん、お好きな映画をオマージュした昨年度のカレンダーで、「博士の~」のマッド・サイエンティストを演じています😊映画でピーター・セラーズが演じたステロタイプのマッド・サイエンティストとは似ても似つかない、センター分け(⬅️しかもクラシックに撫で付けてる~💕)&メタルフレームメガネ男子、スタイリッシュで美しい科学者でした😍)👇Twitter埋め込みNo3参照のこと。

 

  「時計じかけのオレンジ」これはもう映画の古典とも言うべき作品ですね。人間の生来の悪、根源的な悪を描いた、「博士の~」よりももっとブラックな作品。先日、拙ブログで真利子哲也監督の「ディストラクションベイビーズ」を取り上げた時に、ちょっと触れました。仲間と共に悪の限りを尽くすアレックス(マルコム・マクダウェル)。冒頭に、いわゆる「オヤジ狩り」のシーンが出て来るんですが、今見直すと、キューブリックは近未来(つまり現代)のことを予言していたのかと思うと、背筋が寒くなります(;-ω-)ノ設定は近未来の高校生なんだけど、マルコムも仲間たちもどう転んでもティーンエイジャーには見えないんだよなー、オジサンっぽくて(スミマセン😅)吉沢さんが着ているTシャツにプリントされた姿を見ても…ねえ❓(笑)それに、いかにもフテブテしくてワルそう😅吉沢さんみたいな美しくて儚げな人が、実は悪魔的な…っていう設定のほうが絶対怖いし、演出上効果的だと思うの。この映画、日本の芸能界にもファンが多いらしくって、斉藤工なんかはオマージュ・コスプレしてます。

 

  吉沢さんの演技力はご存知の通りめちゃ多面的だから、去年の夏みたいに「サバイバル・ウェディング」柏木王子と「Giver~復讐の贈与者」お耽美なダークヒーローが同時進行…が可能なわけです。ご本人は「死にそうだった」っておっしゃってますけど😧(フタを開けてみたら、実はそこにさらにエンジェル天陽くんが加わっていたわけだから、吉沢亮という俳優の可能性がどこまで∞なのか、という証明でもありますよね)

 

  なんで、まるで大天使ミカエルみたいな吉沢天陽を堪能した後は、どうしてもルシファー吉沢が観たくなるという…オタクのワガママがムラムラと😅だけど、そんな吉沢さんにはしばらくお目にかかることはないだろうな…とも思う(次は偉人伝が控えてるしね=笑)

 

  …なんで、最近はけっこうドロドロした作品読んで、吉沢さんを勝手に脳内変換してます(汗)例えば柴田よしきさんの「聖なる黒夜」🎵かつて拙ブログにて、漂漂亮亮(ピャオピャオリャンリャン)な吉沢さんに脳内変換した「李歐」とは比べ物にならないくらいドロドロした男同士の愛憎劇の中で、繊細な大学院生から冷酷なヤクザに変貌を遂げていく山内練。男も女もメロメロにしてしまう美貌の持ち主で、なんと白檀の香りの体臭を持つ現代の「薫の君」、憂愁の貴公子ならぬ暗黒の貴公子。

 

  秋の夜長、「Seventeen」のグラビアを眺めつつ、ダークなイケメンに吉沢さんを重ね合わせ、溜飲を下げているヲタクなのでございます(笑)

 

[https://twitter.com/dokutabiblog/status/110