オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

インスタライブ前夜はなぜかセージ&ローズマリーの香り(笑)


f:id:rie4771:20191118203057j:image

  ここのところ、吉沢亮さんと新木優子ちゃんのソヴァージュとミス・ディオールの香りの話題でTwitterは大盛り上がり🎵

 

  ミス・ディオールのオーデトワレにアディクトしていたのはいつの頃だったか…。昔すぎて記憶も曖昧である。ワタシが就職活動をしていた頃、女子大生が初のお給料で(自分へのご褒美として)買いたいもののダントツ人気はミス・ディオールだった気がする。

 

  最近、「香り」と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは、哀しいかな香水ではなく、ドイツ生まれの入浴剤クナイプ(笑)10種類のトライアルセットがなんといってもお気に入りで、かなり短期間で中身が変わるから薬屋さんに行くたびに楽しい😊今回は箱の中に「ローズマリー&タイム」の香りを新たに発見して、気分はワクワク🎵「1日頑張った身体をリフレッシュ」キャッチコピーも泣かせるじゃありませんか。

 

  ローズマリー&タイムって素揚げの野菜に散らしたり、お肉と一緒に焼くだけのものじゃないんだね。身体を浸してみたら…。

うん、これは明らかに薬草の香り(笑)

マクベスの魔女たちが煮詰めて作ってくれたみたいな(笑)肩こりに効きそうじゃな。

 

  ローズマリー&タイムといえば、ワタシたちの世代、真っ先に思い浮かぶのがアメリカのフォークデュオ、サイモン&ガーファンクルの名曲「スカボローフェア」

Are you goiog to Scarborough Fair?

Parsley, Sage, Rosemary, and Thyme

の歌い出しで有名な反戦の歌。

「MUSICA」11月号での宮本浩次さんのロングインタビュー。最新シングル「Do you remember?」のカップリング曲はなんと❗ビートルズの「If I fell」なんですが、インタビュアーの鹿野淳さんが宮本さんと横山健さんを「サイモン&ガーファンクルみたい」って評していて、最近は「Do you remember?」「If I fell」と同じくらい、サイモン&ガーファンクルの曲もヘビロテしてるというわけ😅

 

  中学生の頃のワタシの英語の先生はビートルズサイモン&ガーファンクルだったんですが、「Scarborough Fair」で何度も繰り返される「Parsley, Sage, Rosemary, and Thyme(パセリ、セージ、ローズマリー、タイム)」という言葉の意味がわからなくてねぇ😅中学生向けの学習英和辞典には載ってなかったんですね。西洋のおまじないの言葉だと知ったのは、ずーっと後のこと😅

 

  「香り」がワタシにとって、Vogue girlの優子ちゃんみたいに愛しい人を思い出す切ないきっかけだったり、恋人を喜ばせる為の小道具だった時代は遥~か昔のこと。香水もエッセンシャルオイルも入浴剤も、いつのまにか自分の好きなモノ、疲れを癒すモノに変わってしまった。と同時に、人の心の奥を推し量って悲しくなったり切なくなったり、ハラハラしたりすることもめっきり少なくなってしまった。生きるのがラクになった…と言えば聞こえは良いけど、人はそれを「老い」と呼ぶのだろうか❓

 

  それはさておき、明日はいよいよ吉沢さんと優子ちゃんのインスタライブ❗煌めくような若さの盛り、美しいお二人。

 

  年老いたオタクも、あの頃のトキメキをちょっぴりは思い出せるかな(笑)