オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

ジャクロくん、BAFTA『2020 Rising Star』選出❗~『成熟』がモノをいう😊


f:id:rie4771:20200107104559j:image

(Edinburgh in Winter from Pixabay)

  ジャクロくんがBAFTAの2020年rising star賞にノミネート❗将来有望とか、新進、とか言う意味だけど、ジャクロくんの場合10代からかなりのキャリアを積んでるし、日本的な感覚からするとすでに彼なんて『中堅どころ』のイメージなんだけど、『成熟』『伝統』を重んじる英国人気質からすれば、ジャクロくんでもまだ新進俳優の部類なんだー😮…って、ちょっとビックリです。

 

  話は脱線しますが、『ブリジット・ジョーンズの日記』で一世を風靡したレニー・ゼルヴィガーがジュディ・ガーランドの伝記映画『虹の彼方に』で17年ぶりのゴールデングローブ主演女優賞❗…日本ではレニーのことを『劣化した』とか『ブリジット~以来消えた女優』とか、以前はしょーもない記事ばかり目につきましたが。今ヲタクがネトフリでハマってるアメリカのTVドラマ、『ブラックリスト』の主役ジェームズ・スペイダー、今はハゲてるしお腹もぷよぷよだけど😅かつては、今で言えばティモシー・シャラメみたいな水も滴るイケメン俳優だった。でもね、今は今でカッコいいわけよ。…結局、欧米の芸能界は、積み重ねたキャリア、年を経て磨かれた演技力、滲み出る人柄…等々がモノをいう社会なんだなー。

 

閑話休題

 

BAFTAはその公式ツイッターで、『ジャック・ロウデンは、英国で最もエキサイティングで才能ある若手俳優の地位を固めた』と書いています😊  ワインで乾杯しながら、BAFTA受賞をお祝いするほど嬉しいことはないと、こみ上げる涙を隠すためにソッポを向くジャクロくん😢か、可愛い…😍主演男優賞にノミネートされたものの、惜しくも受賞はならなかったジャクロくん、喜びもひとしおでしょう。そして、beautiful, lovely, smart, intelligent, sophisticated ,handsome, fabulous…と、BAFTAに向けてありったけの賛辞を並べるジャクロくん…か、可愛い😍

 

将来ジャクロくんがジェームズ・スペイダーみたいなビジュアルになったとしても、  お腹のぽよぽよは『ファイティング・ファミリー』で見てめっちゃ可愛くて気に入ったし(⬅️何様😅)今みたいにお髭伸ばせば髪の毛薄くなってもイケるわ、じゅうぶん😊これから年を経て、益々円熟味と渋さを増すであろう演技力も楽しみです❗

 

  rising starには希望の星という意味もある。ヲタクにとって、ジャクロくんはまさに人生を耀かせてくれるrising starです😊❤️