オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

椎名林檎から宮本浩次へのラブチェーン❗❓(笑)

今日は、恒例の『エレカシ新春ライブ(大阪フェスティバルホール)』WOWWOW生放送~~❗念願のWOWWOWに加入した嬉しさに、最近朝起きてまずすることと言ったら、WOWWOWのその日の番組表をチェックすること😅

 

  今朝『エレカシ大阪フェスティバルホール』を録画予約しようとしたら😮なんとなんと、そのすぐ直前が、デビュー20周年椎名林檎姐さんの記念ライブ『不惑の余裕』(2018年)❗『四十にして惑わず』昔は男子の生き方の本懐だったものが、イマドキ、惑わないのはオンナ。豊かな胸元をちらつかせて、『私にはどこも隠さないで。ほら、脱いで、剥いで見せて。裏表、すべて晒け出しあそばせ』(マ・シェリ)と、片ヒザついて(…たぶん😅)迫るのはオンナ。孔子さまもビックリや(笑)

 

2017年の夏、宮本浩次椎名林檎、二人のコラボが発表された時の衝撃たるや…Σ(-`Д´-;)日本音楽史に残る大事件と言っても過言ではありますまい。そしてそれがそのまま、2017年末の紅白歌合戦の舞台に雪崩れ込むわけですね。

 

  『不惑の余裕』での椎名林檎はセクシーのかたまり、男女の性(さが)を過激に歌い上げていましたが、そんな彼女が、永遠の聖少女…いやもとい、聖少年である宮本浩次(客演)と相対する時はキリリとスタンドカラーのドレスにその肉感的なカラダを押し込め、全く肌を見せず色気を封じ込め(笑)、舞台上でも二人は、まるで異空間で歌っているよう😅(絶対、目線合わせないもんね、最後に背中合わせになるのが関の山=笑)宮本さんの暗黒舞踏土方巽化は紅白歌合戦の時より数段激しかったですが😅

 

  二人の距離は、まるで一篇の短編映画の如くだったMV(映像ディレクターは、あの児玉裕一カンヌ国際広告祭グランプリ。椎名林檎のパートナー)での耳元での囁きまでで打ち止め(笑)あの距離こそが、自身が大ファンだという宮本浩次への、椎名林檎のリスペクトの証なんだ…と評していたのは、はて誰だったろう🤷

 

  まあしかし、いくら椎名林檎とはいえ、「私は素晴らしい方に鍛えてもらっている、練習をつけてもらっている…ような気持ちでいます」なんて、澄んだ幼児のような瞳で言われたら…、ねえ❓そりゃ、距離おくわな(笑)

 

  ところで『本能』の中の『全部此所で欲しいと憤る君はナンシーの再来?』というくだり、ナンシーって、シド・ヴィシャス(セックス・ピストルズの伝説的ベーシスト)の恋人だったナンシー・スパンゲンのことかな…なーんてつらつら考えていたら、もうすぐ『エレカシ新春ライブ2020~大阪フェスティバルホール』の開幕ぢゃ~~~~❗

 

  うおおおおーーっ❗

(☝️ヲタクの意味のない雄叫びです。すいません😅)