オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

長き旅はさらに続く~吉沢亮 in 『キングダム』

f:id:rie4771:20200116053921j:image

(万里の長城…From Pixabay)

吉沢さんが『キングダム』の演技で日本アカデミー賞助演男優賞の優秀賞受賞❗

 

  ちょうど去年の今頃『キングダム』の情報公開があったと思うのですが、ヲタクはなぜか、海外用のTrailerで初めてそれを知ったんですよ😅あれ?この壮大なテーマ曲、ワンオクぢゃない?っていう。そしてその素晴らしい歌をバックに、中国の大平原に居並ぶ人、人、人、馬、馬、馬…。肉体の極限を試すかのような激しいアクション❗最近の邦画では見たこともない光景に度肝を抜かれ、いったいぜんたい、何事が始まったんだろうと思ったものです😮

 

  そこから怒涛の取材攻勢で、ブロマンス愛好家のヲタクは、インタビューやTVで垣間見る山崎賢人くんと吉沢さんの仲良しこよしあ・うんの間柄、一目会ったその日から…(…って違うか😅)信と漂の関係が乗り移ったかの如き美しい二人のブロマンス感に酔い痴れ…(⬅️文字通り痴れ者のヲタク😅)、『キングダム』賢人くんのアクション師匠、伝説の忍者坂口拓さん(佐慈役でも圧倒的オーラを発揮)が、かつて『Giver 復讐の贈与者』で吉沢さんのナイフアクションを絶賛して下さっていた事実にほくそ笑み…🎵そしてそして、松橋プロデューサーの吉沢さんを発掘して下さった慧眼と、その期待に答えようとひたすら演技道に精進した吉沢さんの純粋さに涙したのでありますっ❗

 

   ひとつの名画が生まれる為には、佳きプロデューサー、原作者、脚本家、監督、美術、映像技術、その他スタッフ全員、編集、演技陣等々、最後のクレジットで次々と現れ出る膨大な人々の完璧なるアンサンブルの、ひとつのピースが欠けても成立はしないわけですが、今回の『キングダム』は『ピースが完璧に揃った』お手本のような作品❗だから作品優秀賞に『キングダム』が選ばれたことは、吉沢さんの助演男優賞優秀賞と同じくらい嬉しい😂😂そんな名画に吉沢さんが巡り合えた、名画の中でこれからも、あの瞬間の吉沢さんが永遠に刻まれることが嬉しい😂😂そしてヲタク自身が、リバイバルや動画配信ぢゃなくて、(あー、なんでこの時代に生きていなかったんだろう)って地団駄を踏むことなく、リアルタイムで映画館で見れたことが嬉しい😂😂

 

  邦画のエポックメーキング的な作品『キングダム』の壮大なキャラバンはまだ、始まったばかり。ヲタクは途中から拙ブログの中で『キングダム』のカテゴリーを独立させましたが、もちろん今回の日本アカデミー賞各賞優秀賞受賞ではまだまだ終わらないはず。

 

  欲張りなヲタクは、続編製作決定のニュースを『キングダム』カテゴリーに書きたくて、ウズウズしているのでありますっ(笑)