オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

LINE LIVEからの~吉沢亮美術館 in FLIX4月号


f:id:rie4771:20200225155009j:image

 いやー、昨日の『一度死んでみた』完成披露ミサ、面白かったですねぇ。とにかく広瀬すずちゃんのデスメタル女子が凄かったよ😅あんなに吹っ切れた演技ができる若手の女優さん、なかなかいないと思う。邦画の歴史を見てみると美人のコメディエンヌってなかなかいないんですよ。それも芸人さんみたいに全てを捨てて(笑)笑いを取れる人はいなかった。そこに彗星の如く現れたのが長澤まさみと橋本環奈❗昨日のメイキング見ると、すずちゃんもそこに加わりそう。3人とも演技に賭けるド根性がスゴイよ、うん。

 

  我らが吉沢亮は、すでに上記の3人全員と共演してますよね❓偶然かな❓いや、違うと思うの。ヲタク思うに、それは吉沢さんが、相手役として、主役を引き立てつつ自らの爪跡もしっかり残せる、『受け』の演技の達人だからだと思うんですね。主役を食うことなく、相手と化学反応を起こして、共に輝ける人。『キングダム』の山崎賢人くんともまさにそんな関係だったと思う😊主役も相手役も両方イケる、ってなかなかいない。それも、吉沢さんのアンテナが常に、『自分がいかに上手く演技をするか』『自分をいかにアピールするか』ではなく、作品全体をより良くするために自分は何をすべきか、に向いていて、いつもそれを念頭に置いて演技をしているから。

 

  今回のキャラ設定も、すずちゃんのエグさとは真逆の、存在感まるでなしのゴースト(笑)すずちゃんと吉沢さん、演技巧者同士の火花がどんなふうにスパークするのか❓公開が楽しみすぎる❗

 

  そしてFLIX4月号、密林からやっとキタ~~😍

吉沢さんは黒一色の装い。今回のグラビア、背景が白くて、まるでどこかの美術館みたいな(近代の美術館の殆どが取り入れている手法…壁も天井も真っ白な、いわゆる『ホワイト・キューブ~白い立方体』ですネ😉)設定なので、吉沢さん彫刻感がハンパないんですよ!特に伏し目がちの☝️この写真…

もはや人間ではない(笑)

このモノトーンの色合いがかえって吉沢さんの美しさを際立たせているような😆

そー言えば、吉沢さんの初主演映画、『サマーソング』で共演した浅香航大くんが「現場に亮が座ってると、銅像が座ってるみたいで! チラッて見ると『あ、ごめん』ってなっちゃう」って言ってましたねェ😅キモチ、スゴくわかる❗(笑)

 

 

  役作りとして、長回しの時は堤真一さんの陰にちょっとずつ隠れたりしてたとか😮もう、物理的に姿消してたのね(笑)映画の中でも、「お前いたのか❗」ってセリフが何度も出てくるそう。実際に現場でも「基本気づかれない」って😅…吉沢さん、さらっとおっしゃっていたけど、考えたらそれって、演技者として凄いことだよなぁ…。そして存在感を消すため、どこを見ているのかわからないような目線で、とにかく『覇気』を削ぎ落とした…と。『キングダム』とは真逆のアプローチだね🎵…つくづく凄い役者だよ…。

 

 吉沢さん曰く、「これだけ豪華な人たちを集めて、良い意味で、こんなくだらないコメディをやるのか、と(笑)」いやー、楽しみだなぁ。マーベル映画ぢゃん❗例えば「マイティソー~バトルロイヤル」一瞬の登場なのに、サム・ニールマット・デイモンベネディクト・カンバーバッチタイカ・ワイティティ(監督自身)等、ゴージャスなメンバーがわらわら出てきたもの😉あんな感じなんだな、きっと(わくわく)

 

  インタビューの中で吉沢さん、大河の撮影が始まる6月前後までに…

いくつか現場があるし、こうやって公開される映画もいくつかある。

っておっしゃっているんですね❗『一度死んでみた』以外に、ってことでしょうから、少なくとも『さくら』以外に映画の公開があるのね~~😆

 

  告知のその日を、ひたすらお待ち申し上げております🙌