オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

♂感満載~~❗~吉沢亮 in『 Oceans』

 ひゃー、これ凄いですね❗…って、なんて語彙力不足なんだ(笑)Twitterでも騒ぎになってましたけど、表情も、ファッションも、存在そのものが♂感ムンムンだわー😍

 

  最近は来年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』渋沢栄一の役作りでカラダを鍛えているらしい吉沢さん(若い頃の渋沢は、かなりマッチョだったらしい😅)、先日のインタビューで、「いつかバッキバキの吉沢亮をお届けしますよ」という発言(TVガイドdan3月号)があったので、どうしても衣装の下を想像してしまうヲタク(汗)

 

  そしてそして、うっすらと伸びた髭ねー💓日本でも髭は武士の嗜み、男性の精力、権力の象徴だったわけで、髭の薄かった豊臣秀吉なんかはツケヒゲしてたっていうウワサも…😅

 

 ヲタクは個人的に髭ふぇちなんで大歓迎なんですけど…。日本の俳優さんに本格的にハマったのって、考えたら吉沢さんが初めてなんですよね、そう言えば😮それまでは外タレ専門だったから…😅海外の俳優さんの場合、いつもキレイに髭を剃りあげている人は少ない気がする。髭が当たり前すぎて、剃った時のほうが(あれ❓なんか違うゾ)って気づくことのほうが多い(笑)ヲタクの海外の推し俳優、ジャック・ロウデンの場合は、役に合わせて髭を剃ったり生やしたりしてますね。17才の役を演じた時は(実際の彼は29才)当然剃っていたけど、実年齢に近いイギリス貴族を演じた時は、整えたオシャレ髭。ジャクロくんの場合、プライベートはほぼ無精髭にヨレヨレのシャツですが(笑)

 

吉沢さんの場合、どうだろう❓クラスタ間の賛成 or反対の割合ってどのくらいなんだろうか…。俗にいう賛否両論ってヤツ❓『バッキバキの吉沢亮』についても、意見分かれてましたものね😊推しが♂感出してきた時の若い方たちのキモチってどうなんだろう…。ヲタクみたいにおばあちゃんになると、そのへんのデリケートな感情が鈍ってわからなくなる。ちょっとさみしいけど…(笑)

 

  吉沢さんの今の一番の関心事は仕事❗「今いちばん楽しいことは❓」と聞くと、「仕事です」と、まっすぐ帰ってきた…と😍

 

 見ている人に、役の人物の感情を伝えるのが仕事。吉沢 亮が演じる虚構を、まるでリアルな出来事のように見せることにやりがいを感じています。

 

最後に、役者として今いちばんチャレンジしたいことを聞いた。

「本格的な舞台です。これまではミュージカルなどが多かったので、芝居で見せる本格派をぜひ。お客さんを生で感じられる舞台で、生身の演技をして、役者としても成長していきたいです」。

うーーーん、なんてオトコマエの発言なんだーッッッ❗❗

 

  インタビュー最後まで読んでようやくわかったよ。

  ♂感満載なのは、鍛えてるカラダのせいでもない、髭のせいでもない、吉沢亮という1人の役者、いやオトコとしての確かで着実な成長のせいなんだって😊