オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

吉沢亮は青い炎である by 松岡広大~SPUR7月号

  吉沢さんの鋭意連載、雑誌『SPUR』7月号の"Take your seat"今回のお客様は、アミューズ事務所の後輩、松岡広大さん😆

 

  大変申し訳ありませんが、ヲタクお初だったものですから、ネットで調べさせて頂きました(汗)直近では『ねじまき鳥クロニクル』にご出演されてたんですね❗あー、これ門脇麦が出てたから、見に行こうとしていた舞台だ。…でも、昔むかし村上春樹の原作読み始めて途中で挫折したから、中途半端になっちゃうかと思って、結局チケット取るの止めたんでした😅残念❗吉沢さんより先にナマのお姿を拝見できたかもしれないのに(笑)

 

  昔吉沢さんの部屋に遊びに行って、中が凄い状態だったから、広大くん思わず片付けちゃった…なんてエピソードも(詳細は記事でご確認下さい=笑)ご両人も「どっちが先輩かわからなくなる」って…たはは。

 

  広大くんの吉沢さん評。二人ががっつり絡んだのは2013年ハンサムライブの時だそうですが、自主練を繰り返す吉沢さんを見て、クールに見えるけど、「実はアツい人なんだ」って思うようになったそう😊

 

青い炎って、実は赤い炎より温度高いじゃないですか 

                                                        by 松岡広大

うーーん、なるほどね😮けだし名言であります❗φ(..)メモメモ

そしてそして、わからないところがあると(振付とかかな❓)「ここどうやるの❓」って聞いてくる吉沢さんを見て、先輩後輩関係なく、素直に言えるのはいいな…と。クールに見えて実はアツい吉沢さん、さまざまな面でボーダーレスな吉沢さん像をこの短い紙面でズバリ明確に表現できるあたり、広大くんは相当クレバーな人と見た😆類は友を呼ぶのね、やっぱり(断言)

 

  今月の椅子はヤコブセンのセブンチェア。ポップな色合いが若いお二人にピッタリです😊

 

  今月号のSPURは、『Love my home』大特集で、世界のクリエイターたちの素敵なおうち暮らしや部屋着などアイデア満載❗真似できなくても、眺めているだけでも楽しい🎵

 

  おうち大好き吉沢さん、この特集も読んでるかも😉