オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

ティモシー・シャラメの弾き語りに骨抜きにされる~『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』


f:id:rie4771:20200708152745j:image

  故郷のマンハッタンを離れ、州北部の緑深い大学に通うギャッツビー(ティモシー・シャラメ)は、大学新聞の記者でジャーナリスト志望のアシュレー(エル・ファニング)とアツアツの恋人同士。そんなある日、アシュレーがさる有名な映画監督に取材をすることに。アリゾナ出身のカントリーガール、アシュレーはマンハッタンで有名人に会える幸運に有頂天。それに便乗してギャッツビーは、「マンハッタンをボクが案内してあげる❗二人で週末を過ごそう」と提案します。

 

  ギャッツビーは最初ホテル「ザ・カーライル」に宿をとろうとしますが、実家のママと犬猿の仲のギャッツビー、カーライルは実家に近いから危険…と考え直して、ピエール(   ザ・ピエール・ア・タージホテル~The Pierre, A Taj Hotel  セントラルパーク前の5つ星ホテル)のスィートを予約します。欧米ではいくらセレブの息子でも親のおカネでスイートルームなんて言語道断なんだけど、ギャッツビーはプロ並に最強のギャンブラーで、ポーカーでボロ儲けして旅行の資金を調達した…っていう設定になってます。

 

  しかし二人で過ごすはずの素敵な週末、アシュレーのインタビューが思わぬハプニング続きで次々と邪魔が入り、恋人たちは離れ離れに。結果、取り残されたギャッツビーはショボくれて、雨のニューヨークの街を一人彷徨い歩くハメに…。さて二人の恋の行き着く先は…❗❓

 

  エル・ファニング演じるアシュレー、『地方出身の美人=イノセントな女の子』にやたらとドリームを抱いているらしいオッサンの映画監督や、プレイボーイの中年俳優から取材するたびにグイグイ迫られて、どんどん大変なことに巻き込まれていきます。このアシュレー、ギャッツビーの高校時代の友人からは「『風と共に去りぬ』の腰抜けアシュレーと同じ名前かよ」って言われたり、元カノの妹でこじらせ女子のチェン(セレーナ・ゴメス)からは、「彼女とどんな話するの?サボテンや砂漠の話?それともガラガラヘビの話?」って陰口叩かれたりでさんざんなんですけど。ひねくれモノのニューヨーカーであるウッディ・アレン、天真爛漫なカントリーガールをかなーりディスってます😅

 

  ニューヨーク大学で自主映画を製作している古い友人、ジョシュに頼まれて(何でも、現代版フィルム・ノワールを作りたいんだそう😅)、チェンと路上に停めた車の中でいきなりキスシーンを演じるハメに。今ハリウッドの若手俳優の中でラブシーンを演じたらピカいち、色気ダダ漏れイケ散らかしてるシャラメが、セレーナ・ゴメスに「何この人❗キスシーンなのに口閉じてるんだけど😒💢💢」って言われ、「しょーがないだろ、緊張してるんだよ❗俳優じゃないんだから」って言い返すシーンはちょっとツボ(笑)

 

  なかなか思い通りにいかない一日。モラトリアムでオタクな主人公が、孤独に都会の街を彷徨いながら、「自分は本当は何者なのか❓一体何を目指して生きているのか❓」を見つめ直す…。この設定って、トム・シリングのドイツ映画『コーヒーをめぐる冒険』(舞台はミュンヘン)にそっくりなんだけど、演じる俳優と街の風景が違うだけでこんなにもイメージ違うんだね…😅ビックリです。シャラメくんはコーヒーどころか、シャトーメイネイをガブ飲みだし(笑)

 

  映画とレコードとチャーリー・パーカー(ビバップを確立したサックス奏者)が好きで、「大学で何学んでるの?」と聞かれ、「クルド研究」と答えるギャッツビー(もちろんブラックジョークだと思われる。頭でっかちなギャッツビーにとって、中東問題は一番苦手なハズ=汗)、メトロポリタン美術館にわざわざヒエロニムス・ボスとサージェントの作品を見に行くギャッツビーは、めちゃくちゃマイナー志向な真性オタクのハズだけど…。演じるのが何しろシャラメくんだから😉トム・シリングみたいなオタク臭は全くありません(笑)

 

  ヘンリー・ジェイムズカフカプルーストについて話し合う文学サロンのホステスを務める、超メジャー志向のギャッツビーのママ(ベテラン女優のチェリー・ジェイムスがサスガの貫禄)。ママに反抗してやさぐれてるギャッツビーが、彼女と和解するシーン、これが映画の最大のオチで、それが、彼が最後に下す大きな決断に繋がっていくわけですが…。

 

  この、ちょっぴりほろ苦くて、シニカルで、だけどシャレオツなラスト。ウッディ・アレンワールド炸裂ですね🎵

 

  ジュード・ロウレベッカ・ホールが夫婦役でちらっと出て来るんですが、マンハッタンの街角で繰り広げられる二人の夫婦ゲンカシーンはもう、一見の価値あり(笑)

 

  しばらくヨーロッパを舞台に映画を撮っていたアレン監督。彼が久しぶりに描く雨のニューヨークの街角は、今も変わらず、ひたすら美しい。その中に佇むシャラメを見るだけで、眼福🎵眼福🎵そしてそして、チェンの家のピアノを弾きながら歌うシャラメの「Everything happens to me」❗❗

 

確実に骨抜きにされて腰砕けになります(笑)

 

(オマケ)

シャラメが歌うスタンダードジャズナンバー『Everything happens to me』何かことを起こそうとすると不運に見舞われるっていう可哀想な歌。シャラメ演じるギャッツビーが大ファン、っていう設定のサックス奏者チャーリー・パーカーも名盤ですし、ピアノならセロニアス・モンクビル・エヴァンスがおススメ。ビリー・ホリデイも歌ってますね。個人的には、ホリデイのヒリヒリしたこっちが緊張しちゃうような歌声より、『ニューヨークのため息』と呼ばれたヘレン・メリルのメロウなハスキーヴォイスが好き😍