オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

こんなパリなら暮らしたい😍~Netflix『エミリー 、パリへ行く』

f:id:rie4771:20201018173645j:image

 いやー、このドラマに登場するパリ、「花の都」と形容するに相応しいゴージャスな美しさ。どんなやり方したらこんなふうにキレイに撮影できるん❓ゴミはどーした、犬のフンはどこに行った❓(笑)

 

  ベルギーに住んでいた頃、何度かパリには家族で遊びに行きましたが、スリやサギに遭いそうになるわ、またある時はメトロに乗っていたら真っ黒いマントを着たお婆さんが、死んだニワトリの首を持って乗り込んできて、まだ幼かった次女が恐がって泣き出すわ…で、あんまり良い思い出なし(笑)凱旋門のロータリーはみんなビュンビュン飛ばしてて私たちみたいなオノボリさんは全然入れないし😅やっと駐車場に入れたと思ったら、出る時に急坂すぎてタイヤが空回りしてなかなか上れなかったし(設計、どーなってんのよ(*`Д'))

パリを舞台にしたフランス映画は大好きなんだが(笑)

 

  Netflixのオリジナルドラマ『エミリー、パリへ行く』。シカゴのマーケティング企業で働いてるエミリー(リリー・コリンズ)は、合併吸収の対象になっているフランスの企業で働くことに。憧れの都、パリ😍しかし、フランス語を話せないエミリーは、オシャレで仕事ができて意地悪で(笑)典型的なパリジェンヌの上司(フィリピーヌ・ルロワ・ボーリュー)からはハナからバカにされて相手にされず😅同僚たちからも冷たい視線…。近所のパン屋のオバサンにすら、フランス語の発音がなってないと直される始末😅それでもターミネーター並みにメゲない、100%ポジティブなアメリカンガールのエミリー(ヲタクみたいに、「どーせパリから愛されてないのよワタシ」なんて言ってヤサグレたりしない😅)が、SNSをフル活用、斬新なアイデアを駆使して次第にキャリアアップしていくおはなし❤️

 

  リリー・コリンズが小柄で細くて、このドラマの、少女マンガ的な展開にピッタリです😃フランス人の同僚との丁々発止のやり取りも最高🎵先日見たエピソードでも「アメリカ映画は必ずハッピーエンドだろ❓ウソ臭いんだよね。フランス映画は違う。やっと落とした彼女が実はレズビアンだったとかさ。リアルってそんなもんだよな」とか、映画ヲタクとしてはあるあるで、思わず吹き出しちゃいました😅少女マンガ的な展開にしてはなぜか下ネタも満載、キャリアアップを目指すエミリーと、生きる為に楽しむ為に働くフランス人の同僚たちとの仕事観の違い(「シャカリキに働くなんて罰ゲームみたい」なんて発言にはさすがにビックリですが)など、海外転勤先の職場のリアルもなにげに織り込まれていて◎❗

 

  少女マンガには王子様役が必須ですが、エミリーのアパート(築100年❗)に住むフランス人のシェフ、ガブリエル(ルカ・ブラヴォー)が超イケメン~~🎵生粋のパリッ子ではなく、フランスの田舎からパリに憧れて出て来た青年の役で、アメリカから来て苦労しているエミリーのキモチにも共感してくれる設定で、超イケメンな中にもどこか、良い意味で野暮ったい、素朴な雰囲気を漂わせているとこがまた、いいんですよね😊新人の俳優さんみたいだけど、これから人気出そう。大富豪の親に反抗してパリに来た中国人のミンディ(アシュレイ・パーク)との「異邦人同士の会話」も楽しいし、あっという間に10エピソード見終わっちゃいます(笑)1つのエピソードの時間が30分程度なので、何かの合間にさくっと見れちゃうのも魅力❤️

 

  第2シリーズ期待したいけど、今またパリはコロナ禍で大変なことになっちゃったから😭どうなることか…。安心して撮影できる時がパリに、世界に、早く訪れますように。