オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

平成のアラン・ドロンが纏うオ・ソヴァージュ~吉沢亮 in『DIOR MAKE A WISH』

 新木優子ちゃんとのDIORスペシャルムービー第2弾❗第1弾『I miss you』(香りによって愛しい人を思い出す…というテーマでした。会えなくて寂しいのmissと、Miss Diorの香りをかけた心憎い演出でした)から1年経ったんですね😮早いなぁ…。

 

  吉沢さんと言えば、二階堂ふみさんの名言(『オオカミ少女と黒王子』ジャパンプレミアにて)…

輝きがボロボロこぼれてた。平成のアラン・ドロンのような輝きがある。

はあまりにも有名。ヲタクはこの発言が物凄く気に入ってしまい、元号が変わってだいぶ経っても、時に触れアタマの中で反芻しているのです😅しかし周囲のアツさもどこ吹く風、ご本人の、「言われた時、え?誰それ?って感じだった。写真見て、ああこの人か…って」というユルユルの反応もツボでした(笑)

 

  ご本家アラン・ドロンもソヴァージュのCMに出てたよね~😍彼の出世作太陽がいっぱい』を彷彿とさせるようなプールサイドのCM、ドキドキしたなぁ…。オ・ソヴァージュって「野生の水」って意味らしい。吉沢さんも最近は体鍛えるのが楽しいらしいから、ご本家に倣ってそのバッキバキの…$@%#&Ⅹ≒-/≠っていかんいかん、話がそれた(笑)

 

  今年のテーマは『MAKE A WISH~願いをかける』吉沢さんも優子ちゃんもどんな願いをかけたんでしょうね。この二人、去年見た本番前のメイキングの雰囲気が良い意味でめちゃくちゃビジネスライクで(笑)、カメラが回ったとたんに一転してラブラブな雰囲気に…😅ヲタクは、二人とも若いのにスゴイプロ根性だと舌を巻いたもんです😊

 

  そう言えばシアーシャ・ローナンが「濡れ場シーンよりキスシーンのほうが難しい」ってインタビューで言ってました。濡れ場の場合はダンスの振付と同じで動きが決まってて、その通りやれるからラクなんだって(笑)なんでも、最近のハリウッドの撮影現場には、インティマシー・コーディネーターと言われるアノ場面専門のインストラクターがいるんだとか😅現在のカレシ、ジャック・ロウデンと出逢いのきっかけとなった『ふたりの女王~メアリーとエリザベス』でも彼と激しい濡れ場を繰り広げたシアーシャですが、このインタビュー読むと、べつに濡れ場がきっかけでジャクロくんと仲良くなったわけでもなさそうだ(笑)

 

 …でもって何が言いたいのかというと(笑)

 

優子ちゃんと吉沢さん、濡れ場もキスシーンもなく😅プライベートではあまり男女を感じさせない間柄のようなのに、60秒という短い間にこれだけの「恋する二人の素敵な雰囲気」を作り上げてしまう…。

 

本物の演技のプロフェッショナルだな、二人とも❗❗

これが言いたかったんです(笑)