オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

最も過激で最も恐ろしく最も美しい女~『レディ・マクベス』

f:id:rie4771:20201216205804j:image

  最近ヲタク大注目のフローレンス・ピュー、彼女の出世作『レディ・マクベス』U-NEXTで期間限定配信❗…これ、東京でしか上映してなくて、迷っているうちに終わってた作品😢半年くらい待たなきゃダメかな…と思っていたので、嬉しい~~😍(但し超新作なので、1,200円です😅)

 

  原作はロシアの作家ニコライ・レスコフの小説『ムツェンスク郡のマクベス夫人』で、オペラ化もされているそう😮舞台を英国に置き換えて撮影されたのがこの映画なんですね。どの批評読んでも「シェイクスピアの『マクベス』とは違います」って書いてある😅しかしヲタク的には、ヒロインの、欲望と野心を満たすためには手段を選ばない感じが、どう見てもシェイクスピア作品中最大のヒール(リチャード三世と双璧を為す😅)、マクベス夫人を想起させます。周囲のオトコたちの情けない腰抜けぶりも似てますね(笑)

 

  ストーリーは、20才以上も年の離れた夫に嫁いだ17才の少女キャサリンが、馬の世話係によって性の歓びに目覚め、彼を我が物にする為に次々と手を血に染めていく…というトンデモナイ話なんですが😅何が凄いかって、冒頭、少々野暮ったい無垢な少女として登場したキャサリンが、当時の女性に課せられた意味のない数々の風習や社会通念に次第に苛立ちと怒りを募らせ、ついには数々の軛を自ら断ち切ることによってあらゆるものから解放され、どんどん美しく変貌していくところ((( ;゚Д゚)))フローレンス嬢、この時若干20才❗ヲタクは『ファイティングファミリー』『ミッドサマー』『ストーリーオブ・マイライフ~わたしの若草物語』と彼女の多彩な演技を見て来ましたが、この映画が彼女の原点だったなんて❗……いやはや末おそろしや😅(特に『ミッドサマー』の、典型的巻き込まれ型ヒロインとのギャップ、スゴすぎ=笑)

 

  ロケ地はどこなんでしょう?冷たい風が吹きすさぶ、見渡す限りの索漠とした荒野。イングランドのヨークシャー地方か、はたまたスコットランドのハイランドか。自由を得る代わりに、人間として何かが欠落してしまったかのような孤独なヒロインの、荒涼たる心象風景をそのまま表しているかのようです。

 

 なんと、世界の映画祭・映画賞で21部門受賞47ノミネートされたという話題作かつ問題作。U-NEXTでの配信は、来年2021年1月10日まで❗