オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

トップバッターでエンディング感❓(-ω- ?)~"the Covers' Fes."宮本浩次さん

  年に一度の名曲カバー祭り❗NHK BS プレミアムの"the Covers' fes."を見ると、あまたの歌謡祭よりも、レ○ード大賞よりも、ヲタク的には(ああ、年末が来たなぁ…)としみじみ思います😅そしてそして、今年は特にヲタクの誕生日の夜に放送だったんですね。だから、宮本さんがトップバッターで(文字通り)舞台へ飛び出して来て、『喝采』を朗々と歌い始めた時には、(あー、ヲタクのために歌ってくれてるんだわ❗)ってじぶん勝手に悦に入ってました(⬅️バカ😅)

 

  ちあきなおみさんが歌われていたドラマティックな名曲『喝采』。ヲタクも子ども心にうっすら覚えている程度なんですが、ちあきさんご本人は最愛のご主人が病でお亡くなりになってからはふっつりと表舞台から消えて、引退同然になられたそうなんです。そういった特別な事情のある曲って、ともすれば人々の記憶から風化しがち。作曲者の中村泰士さんもつい先日他界されましたしね…😢だからこそこうして、宮本さんがカバーされ、新風を吹き込んで甦らせるということは、本当に価値あることだとヲタクは思います❗

 

  しっかしMCのリリー・フランキーさんのコメント(いつも楽しみなんだけど😍)、「トップバッターは宮本浩次さんでした❗…エンディング感がスゴいですが(笑)」ってオイ❗出て来ていきなり終了なんて困るわ😅…でもさすが言い得て妙、常にパワー全開で全力疾走、いつでもどこでもクライマックスだもんね、宮本さん(笑)

 

  そしてそして2020カバフェス、スペシャルゲストは寺尾聰さん❗宮本さん、寺尾さんの大ファンとのことで、舞台上で同席、「『ルビーの指環』発表当時、クラスの男の子全員が寺尾さんのギターの弾きかたをマネしてた」エピソードを披露。寺尾さん、歌われる前に宮本さんの肩に手を置いて、何か一言声をかけたんだけど、それを受ける宮本さんがまるで少年😍か、可愛いい…。(番組で後程、宮本さんの口から、「お前、歌上手いなぁ。…バンドやってるんだろ?大事にしなくちゃダメだぜ」と言われた…と判明❤️なんてステキな寺尾パイセン❗)『ルビーの指環』発表当時、日本のミュージシャンにしては珍しくスタイリッシュ、まるでハンフリー・ボガードみたいだった寺尾さん。今もじゅうぶんダンディなイケオジでいらっしゃいます。歌を聴いただけで、目の前に映像が浮かんで来るような歌を歌いたい、という寺尾さんに、一同深く頷くの巻😊

 

  …そして、後半の宮本さんは『異邦人』(アルバム『ROMANCE』より)と『ハレルヤ』(アルバム『宮本、独歩。』より)熱唱❗「みんな、イイ顔してるぜぃ、よく見えねぇけど」のライブのいつもの名言も飛び出し、もはや宮本さんの独壇場😅そしてダメ押しは、リリーさんのコメント「驚くべきことに、これが最後の曲じゃないんですよ、みなさん」(笑)

 

  池田エライザちゃんの言葉通り…

(宮本さんのおかげで)

来年は良い年になりそうだね❗❗