オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

吉沢亮 in 『東京リベンジャーズ』~英勉監督とタッグ❗

    映画『AWAKE』たけなわ、NHK大河ドラマ『青天を衝け』放送秒読み…😊そんな間隙を縫って?😅『東京リベンジャーズ』の公開時期とキャストの新春顔見世興行&映像解禁~~❗

 

  トレイラー見ちゃうとがぜんヤル気まんまんになっちゃうんだよね。自分の中で何かが目覚める(笑)

 

  ヲタクの場合今までは、漫画を読んでその世界に浸りながらも、キャラにのめり込みながらも、どこか(こんなステキな人、現実にはいないよね…?所詮漫画だもん)って醒めた気持ちが心の中に、澱のようにゆらゆらしてるのを否めなかった。それを、(…ひょっとしたらこれって現実なのかも。本当にこういう人、どこかにいるのかも)と思わせてくれたのが、『リバーズエッジ』や『ママレードボーイ』、『銀魂』、『あのコの、トリコ。』や『キングダム』の吉沢さんだった。たとえ映画を観ている間の一時の短い夢だとしても、山田一郎や遊、沖田や政は「生きた人間」となって、確実に銀幕に息づいていたと思う。吉沢亮という稀有な役者の圧倒的な演技力と、役柄に対する深い理解力によって。

 

  監督は…と見てみれば、なんと、ヲタク大好きな映画『前田建設ファンタジー営業部』(以前、当ブログで感想を呟いたことあります😊興味のある方は…。)『賭ケグルイ』の英勉監督だったよ~~❗この両作品でヲタクが一番感動したのが、魅力的なキャラ造型でした。特に映画『賭ケグルイ』は、蛇喰夢子(浜辺美波)をはじめとするぶっ飛んだ原作キャラの面々だけでなく、映画独自のオリジナルキャラ、クールで翳のあるアマネ(宮沢氷魚)も超カッコよかった~~😍両作品とも、キャストの誰もがスクリーンの上で生き生きと躍動していたので、当然『東京リベンジャーズ』も期待度MAX❗

 

  『さくら』で初共演した時、演技の相性がすごく良さそうだった北村匠海くんや、マブダチ山田裕貴くんとの再共演(し、しかも山田くんとは、総長と副総長だなんて、ヲタク好みのブロマンスすぎてヤヴァイ……じゅる(´ρ`)映画館できっと、はなぢ出る=笑)等々…。楽しみすぎる❗

 

  まっでも、吉沢さんが新年のごあいさつで、「色々ありそうですが、まずは『AWAKE』よろしくお願いいたします」って仰っているから、まずはこれから、『AWAKE』リピートしてきます❗🏃🏃🏃