オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

池田エライザ、Hニューグランドのナポリタンを食す~『名建築で昼食を』SP

  あら、こんなステキな番組があったんだー😮

 

  BSテレ東で横浜の名建築を巡る番組が放映される…とどこかで読んで、録画しておきました。昨年7月に放送された、東京の名建築を巡る番組の、今回はスペシャル版だそうです😊

 

  ナビゲーターは池田エライザ田口トモロヲ。お二人は個人としてではなく、それぞれ、横浜に住むコピーライターの春野藤と、有名建築家を父に持つ植草千明という別人物を「演じ」ていて、建築巡りの合間に彼らの半生が語られるというドラマ仕立て。それが、他の旅番組とは一線を画しており、お二人の個性的なキャラとも相まって、何とも不思議な魅力を醸し出しております😊

 

  植草さん(田口トモロヲ)から藤さん(池田エライザ)への誘い文句が粋なんですねぇ。

横浜の太陽を満喫できる名建築へ行きませんか?

池田エライザ嬢はこの番組の田口トモロヲといいリリー・フランキー(NHK BS『The Covers』)といい、オジサマとのツーショットが似合いますね。実際の年齢より大人っぽくて落ち着きがあるし、なんというか…肝が据わってる感がある😊

 

  二人はまず、戦後の日本モダニズム建築の巨匠と言われる前川國男(ル・コルビュジェに師事)設計による神奈川県立図書館と県立音楽堂へ。ヲタクも何度も訪れたことのある場所ですが、いつも大勢の人がわらわら居る状態で見てるから…😅こうやって無人の状態で見てみると、改めてその光溢れる美しさに息を呑みます。音楽堂の床が、打ち出したコンクリートを磨きあげるという凝った手法で作られていたなんて、知らなかった…。  図書館の、光と空気を透すホロウブリック。一度光をスリットから通し、柔らかな光にして室内に注ぐよう設計されたものだそう。横浜の太陽光度が綿密に計算されているとか。

 

そして二人は、横浜市開港記念会館(通称ジャック)へ。なんと特別に螺旋階段を登っててっぺんの時計塔に行けることに❗(通常は立ち入り禁止です😅)紺碧の秋の空、遠くに山下公園と港を臨み、真下には日本大通りの色鮮やかな銀杏並木❗素晴らしい追体験です。

 

  10時?のお茶は、コーヒーの大学院(ルミエール・ド・パリ)で。春さんはここのスパゲッティミートソースがお好きとか。カレーやハンバーグも美味しいですよ。最近、同じ通りに生食パンのお店が出来て、この界隈、行列がスゴイことになってます😅

 

  そしてラスト、メインの目的であるホテルニューグランドへ。埋め立て地に「みなとみらいMM21」が出来るまでは、ハマっ子にとって「港ヨコハマ」といえば、山下公園氷川丸日本大通りホテルニューグランド界隈を指しました。今はみなとみらい線が開通して随分アクセスが良くなりましたけど、昔は桜木町からバスかタクシーしかなくて、横浜の奥座敷というか、静寂な雰囲気がありました。

 

  関東大震災や横浜大空襲(太平洋戦争)を生き延び、GHQの本拠地となった戦後ヨコハマの復興のシンボル、ホテルニューグランド。西洋建築に東洋の意匠、ニューグランドブルーと呼ばれる青色のイメージ、旧館はいつみてもため息が出るほど重厚で美しい。かつては新館に総ガラス張りの天空のプールがあり、横浜港を見下ろしながら泳げたんだけど…いつのまにかなくなっちゃった(笑)ヲタク的にはそれだけが残念😅

 

  1階のカフェで池田エライザが食すのはこのホテル発祥と言われるスパゲッティナポリタン❤️(相方の田口トモロヲさんはシーフードドリア)。ランチ…っていうのが肩に力入ってなくていいですよね🎵(もっとしっかり食べたい向きには、最上階に、海が一望に見渡せる『ル・ノルマンディ』というフレンチレストランがあります。クラシックなしっかりめのお味)

  サザンの『Love Affair~秘密のデート』に登場する『シーガーディアン』はニューグランドのバーです😊予約制ではないので、ヲタクが寄る時はいつも満杯、2度くらいしか入れたことがありません。メニューには、鮮やかなオレンジ色のカクテル、その名も「ヨコハマ」があります。

 

  地元の私でも、数々の新たな発見があった素敵な番組❤️「古き良きヨコハマ」を探訪する、あっという間の1時間でした。

 

遡って本編も見たいなぁ~😍探してみよ🎵

 

 

 

 
「名建築で昼食を」スペシャル 横浜編 | TVO テレビ大阪