オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

発車オーライ😆👍❗~吉沢亮 in TVガイド特別編集『青天を衝け』完全ガイドブック

f:id:rie4771:20210131201657j:image

ヲタクが予習教科書❓に選びましたのは、TVガイド特別編集『青天を衝け 完全ガイドブック』スタッフさんの仰る通り、予習はバッチリ、既に発車オーライの気分満々です❗(笑)

 

  キャストの方々の、それぞれ演じる役柄に対する解釈や演じる姿勢等、インタビューが多数掲載されているのですが、各人の熱量、覚悟、意気込み…もう通常のドラマの比ではなくて、役者さんたちにとってNHK大河がいかに大きな存在なのか…読んでいるこちら側にもひしひしと伝わってきました。

 

  そんな、普通だったら緊張して萎縮してしまうか、力み過ぎて疲れ果ててしまうであろう大河の現場で、吉沢さんは、クランクインする前はプレッシャーが大きかったものの、今は「こんな贅沢な環境でお芝居ができることへの喜びを感じながら、のびのびと楽しんで演じています」と❗❗

…いやー、吉沢さんの役者としての、ううん、一人の人間としての器の大きさを感じる言葉だなぁ…。そしてそして

座長として皆さんを引っ張っていくというよりも、皆さんに引っ張っていただいているという気持ちで撮影に臨んでいます。

僕は自分がやるべきことを真剣にやるのみです。

くーーっ、カッコいいわ、オトコマエだわ、これ読んだ人全員惚れてまうやろー❗(笑)

 

  脚本の大森美香さんは吉沢さんを「『なつぞら』の天陽くんの静謐な美しさを持った方、一方で『キングダム』など骨太な部分もあるし、本当にいろいろな表情を持った方」と評して下さっています。他のキャストの方たちのインタビューの中に、大森さんの描く人物像は既成観念に囚われない、ひじょうに多面的に描かれているという発言がありました。例えば吉沢さんの事務所の大先輩、岸谷五朗さんは大老井伊直弼を演じるのですが、「安政の大獄」を断行した冷徹な政治家…の反面、チャーミングな粋人の側面にもスポットが当てられているそう。…しかし人間って本来そういうものですよね。金太郎アメみたいな平面的存在ではなく、さまざまな顔を持つ多面体であり、しかも触れる縁によって多様に変化していく流動的な存在。だからこそ、あらゆる表情と多彩な演技力の持ち主、吉沢亮さんが主役に選ばれたのだ…と、本を読みながらヲタクは一人、納得するのでありました😊

 

 映画『悪と仮面のルール』で吉沢さんと共演経験のある玉木宏さんも…

吉沢くんが青年時代からの栄一をどう演じていくのか。とても魅力的な人物に映ることは間違いないと思うので、僕も楽しみにしています。

いやーん玉木さん素敵、優しい~♥️

「ドラマフォトフラッシュ」の中で、玉木さん演じる幕末の砲術家高島秋帆が獄から赦免され、栄一に向かって「お前も励めよ」と声をかけるシーンが❗残念ながら吉沢さんの表情は見えませんが、玉木さんの何とも慈愛に満ちた眼差し…。水も滴る美男二人のツーショット、実際の放送回が楽しみだわ😍

 

 ドラマは栄一の生まれ故郷血洗島村と、徳川幕府の屋台骨が揺れ始めた江戸の2つの大きな潮流が渦巻き、ある時点で合流する…という画期的なストーリー展開になるようです。インタビューの中では、もう一人の主役とも言える草なぎ剛さんがやはり強烈な印象でしたね。

草なぎさんの捉える慶喜の人物像は本心がわからない謎めいたもので、脚本とうまくリンクしていると。

だからあまり焦って動こうとしないで、周囲から浮いている違和感のような部分を少し意識して、自分が動きたいなと思ったように動くようにしています。そんなつかみどころのない感じが独特の品として表れてくれればいいですね。

スゲーな…なかなか言えないよ、こんなセリフ。塚原卜伝の無手勝流みたいぢゃん😮やっぱ天才なんだ、この人。江戸パートのベテラン役者さんたちが「彼自身のカリスマ性が生きる見事な配役」(渡辺いっけい)、「ちょっと常人離れした雰囲気を持っている剛君が、オーラのある慶喜を演じるのがまた、ぴったりなんです」(堤真一)と言うだけのことはある❗

 

  草なぎさんのカリスマ性と、吉沢さんの若々しい「青き情熱」が火花を散らし、どんな化学反応を起こしてくれるのか❗❓楽しみで仕方ない❗

 

しっかし『青天を衝け』、Happyバレンタインデー2月14日(日)に放送開始で、しかも2月は吉沢さんの誕生月、その月に役者としても新たな誕生を迎えるって…

吉沢さんって、やっぱり「持ってる」わ❗