オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

そう来たか…❗(驚愕(;゚д゚)~吉沢亮 in 『マーキュリー・ファー』

 ホントに、吉沢亮という役者にはずーーっと驚かされ続けている。良い意味で予想を裏切られ続けている。ちょうど3年前、横浜のミニシアターの片隅で、『リバーズ・エッジ』の山田一郎に、脳天をこう…殴られたような衝撃を受けてからずっと。

 

  明るくてエネルギッシュで、お日さまを一身に集めているような『青天を衝け』の渋沢栄一。どこかのインタビューで、「大河が終わったらどうしようかな…。」と呟いていた吉沢さん。しばらくノンビリ充電期間で、キャンプにでも行っていよいよアウトドアに目覚めるのか、はたまたニューヨークに海外旅行?…なーんて思っていたら、なんのなんの(笑)

 

  『青天を衝け』の後はきっと、真逆のダークな役柄だろうなぁ…と思ってはいたけれど、ここまでとはね(笑)作者はフィリップ・リドリーなんですよね?第2のデヴィッド・リンチ、カルトの帝王って呼ばれてるらしい。

 

  ヲタク、かつて映画『ロード・オブ・ザ・リング』にハマりまして。推しはもちろん、ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン)。…で、いつものヲタクの習性として推しのアーカイブを探訪し始め、見たのがフィリップ・リドリーが監督した『The reflecting skin(邦題・柔らかい殻)』と『The Passion of Darkly Noon(邦題・聖なる狂気)』。当時住んでいたベルギーのレンタルショップで借りて見たので、英語の音声に字幕はオランダ語(笑)どこまで当時の自分が内容を理解していたのか全くもってナゾなんですが😅美しい自然を背景に繰り広げられる不条理な暴力と狂気、突き上げる性衝動。『柔らかい殻』のヴィゴ・モーテンセンの、アルゴルンとは全くの別人、何かに取り憑かれたような奇っ怪な演技。一方『聖なる狂気』では聾唖の野生人。2作とも、未来の王たるアラゴルンの端正でヒロイックなキャラは全くどこにも見当たらなかった…(笑)でもこの2作を見て、その捨て身の役者魂に、ヲタクはますますヴィゴにハマったのです😊

 

  あの、神経をギリギリ振り絞られるようなリドリーの世界観をノンストップで舞台で表現するって…。どんなことになるんだろう、想像もつかない。

 

  吉沢さん自身が長い間渇望し続けていたという憧れの舞台。タッグを組むのは気鋭の演出家白井晃氏。アミューズの記事を読んだら、これまでリドリーの作品を5作も上演されているとか…凄い😮そして共演はお芝居の相性もぴったりな北村匠海くん(再び兄弟役😊)…機は熟した❗

 

 種々事情があり、『プロデューサーズ』は観劇できませんでしたが😭今度こそ❗