オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

玉木宏 The ダークヒーロー『桜の搭』~主題歌は『Sha ・la・ la・la』(宮本浩次)

  玉木宏が、警察機構の中で頂点を目指す為に手段を選ばないダークヒーローに❗

 

  銀行で改造銃を使った強盗事件が発生。犯人は多数の人質を盾に立て籠り、その中の一人に重傷を負わせて逃走。逃走を防げなかった警察の失態を関連部署のトップ同士がなすり合う事態に。その逃走した犯人逮捕という、言わば「貧乏くじ」的な捜査の陣頭指揮を任されたのが、警視総監レースで一番遅れをとっていると言われている千堂刑事部長(椎名桔平)の腹心の部下・上條漣(玉木宏)だった。上條は鋭い推理とプロファイリング能力で犯人を追い詰めるが、そこには二転三転のどんでん返しが待っていた…。

 

  いやぁ、玉木さんくらい顔といいスタイルといい声といい完ぺきなイケメンには、ダークヒーローがよく似合う❗

あれだけ完ぺきなら、ダマされても、劇中のヒロスエみたいに背負い投げされてもおーるおっけー😊水樹爽(広末涼子)は、漣の幼なじみで正義派の熱血ノンキャリ刑事。漣の、血も涙もないやり方に反発してよく突っかかっていくんだけど、なんと言い争いの途中で背負い投げくらってたんですよね。えっ❓そこで幼なじみ投げ飛ばす❗❓ってカンジなんだけど、玉木さんなら許す…って思っちゃうところが…

イケメンの威力、おそるべし(笑)

っていうか、玉木宏広末涼子という超美男美女が幼なじみな設定で、安易にレンアイ関係にならないのが、ヲタクとしては◎😊

 

  次期警視総監の椅子を狙う熾烈な出世バトル(椎名桔平 vs. 吉田鋼太郎 vs. 光石研)がなかなか面白くて、一緒に見てる夫は謎解きよりそっちの方に興味シンシン(笑)警察版『ハウスオブカード ~野望の階段』かな😊  千堂刑事部長の娘・優愛に仲里依紗。独特の雰囲気がある、ヲタク大好きな女優さんで、これから漣にどう絡んでくるのか?漣が野望達成の為の手段として近づいていきそうな気配なんだけど、どうしてどうして優愛も世間知らずのお嬢とは程遠いしたたかな感じだから、はて、どうなることやら(笑)

 

  現在、NHK大河ドラマ砲術家高島秋帆を演じている玉木さんですが、その『青天を衝け』組がけっこう出ているのが、ヲタク的には嬉しいところ。まずは漣の少年時代を演じているのが、『青天~』で渋沢栄一(幼少期)を演じた小林悠仁くん。相変わらず凛々しくて可愛い…なんであんなに瞳が澄んでいるのかしら…😊岡田健史くんが正義感溢れるキャリア組の新人刑事、また渡辺大知さんが漣の同期を演じています(メガネかけてて最初わからなかった😅)

 

  そしてそして、主題歌は宮本浩次さんの『Sha・la・la・la』❗ラスト近く、バックに流れる宮本さんの歌声はひたすら伸びやかで爽やかだった。そこで思い出すのが、ドラマ『後妻業』の主題歌だった『冬の花』。ヒロイン(木村佳乃)は、孤独な老人を騙してお金を巻き上げる、いわゆる「悪女」なんだけど、宮本さんは当時「ヒロインの健気さ、哀しみに着眼して『冬の花』を作った」っておっしゃっていて、(そうか、だからこんな哀切な、だけど最後には希望の光が感じられるような楽曲なんだ)と、宮本さんの着眼点の凄さに驚いたものです。主人公の心情を主題歌という形で表現するって、ある意味凄くないですか❗❓

 

  今回も、ストーリーを聞いてもっとダークな曲調なのかと想像していたんですが、宮本さんのことだから新たな視点で、主人公・上條漣の隠れた一面を歌で表現しているのかなぁと思いました😊

 

 先の見えない権力闘争バトル、これからますます目が離せない❗