オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

土方の眼差しに射抜かれました(笑)『青天を衝け 一橋家臣編』始まる❗

 先週、栄一と喜作が血洗島村を出発して『血洗島青春編』が終わり、いよいよ慶喜との運命的出会いを果たすこととなる『一橋家臣編』スタート❗

 

  あれれ、今週から家康様は登場しないの❓大政奉還も間近だから?なんだか寂しいなぁ…。SF的に、「もしタイムスリップして明治維新を体験したら……どうする❓家康」ってのはどうかしら(笑)

 

 栄一と喜作は、 江戸にある平岡円四郎(堤真一)の屋敷を訪れ、女房のやす(木村佳乃)から、平岡が彼らの為に書いておいてくれた「この者たちは平岡の家臣である」という証文を預り、平岡の居る京の都を目指すのですが、この二人に対する平岡の評価が面白い。喜作は「きりっとして良い侍になりそう」で、栄一は「おかしれぇヤツ」って…😅まあ、当時では十分型破りな平岡から見ても、栄一は得体が知れない…いやもとい、常識では計り知れない、ユニークな人物に映ったのでしょう。今日は、福田道場で鍛えられた吉沢さんのコメディアンぶりが見れて楽しかった🎵…このドラマの吉沢さんは、毎回毎回じつに多彩な表情を見せてくれる。

 

  京の平岡邸に何度も足を運ぶも、門番に追い払われ(文字通りの門前払い)、目当ての平四郎に会えずじまいの二人。それならば…と、「京の内情を探る」を大義名分に、攘夷浪士たちと舞妓を揚げて飲めや歌えの大騒ぎ。とっさまから預かった軍資金は瞬く間に底をつき、そればかりか「借金まみれだ」(by 栄一)…って、おーーいーー( `д´)血洗島で寂しく年越しをした千代(橋本愛)やよし(成海璃子)はどーなんのさ、ブツブツ…。当時の男たちって、けっこう行き当たりばったり、刹那的な生き方してたのね…。現代に生まれてよかった(笑)こんな人たちが夫だったら、とても身がもたんわ😅演じる吉沢さんと高良さんのキューティーさに免じて許してあげるけど(笑)

 

  目をかけてくれたのが平岡だったというのがまず栄一たちの一番の強運。「政府を転覆して世を変える」という栄一に、「幕府の全てが悪い訳じゃない。潰してしまうのがいいとは限らん」と説く平岡。そっか…彼が言わんとしているのはきっと、革命より改革ね。外から潰すより、内から変えろ…ってね。柔軟思考の平岡のこの言葉、説得力がありました❗今で言うなら「理想の上司」平岡円四郎。またね、緩急自在に演じる堤さんがハマリ役で…。(あっ、そう言えば映画『銀魂 2』『一度死んでみた』でも上司&部下だった二人😊)

ああ、Xデーが今から怖い😭😭

タイムスリップして歴史を変えたい。

 

  でもって今日は、『青天を衝け』二大イケメンの顔見せ興行~~❗

 まずは冒頭の熊谷の宿、逃亡中の薩摩藩士・五代才助(後の友厚)が~😍おディーン様、いきなり出ると思わなかったから、ど、動悸が…。『あさが来た』ではすでに実業家になっていて、五代ザ・ジェントルマンでしたが、藩士時代の五代はワイルドセクシーで薩摩弁も新鮮。後々の栄一との出逢いが楽しみです。

 

  そしてそして、新撰組副長・土方歳三(町田啓太)見・参❗

サムライのカッコして橋の上にいた栄一と喜作に「何か」を嗅ぎつけ、とっさに刀の柄に手をかける土方。息詰まる一瞬。たじろいだ栄一をすばやく見て取り、冷笑して去っていく土方がめちゃくちゃカッコよかったわぁぁぁ…。このね、町田くんの相手を射抜くような眼光と、吉沢さんの一瞬目が泳ぐ感じ、二人とも巧いよねぇ。このシーン、ヲタクはきっと何度もリピして見ると思われる(笑)しかし、目ヂカラでは芸能界広しと言えども右に出る者のいない吉沢亮に、セリフとはいえ「何だあれ?すげぇ目付きだ」って言われる町田啓太、ホンモノね😉

 

  ああしかし…相変わらずカッコいいぞ、土方❗

チェーザレ・ボルジア木曽義仲、河合継之助、天智天皇東郷平八郎加藤文太郎(登山家)、T.E.ロレンス、ヘンリー五世…今までヲタクが惚れた歴史上のイケメンは数々あれど、やっぱり土方はベストワン😍

 

  町田くんのお陰でまた土方熱、再燃(笑)

 

(おまけ)

眼光鋭い…と言えば、波岡一喜さん演じる平岡の側近、川村恵十郎がサムライ中のサムライ…って感じで、土方に迫るカッコよさです♥️