オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

最新技術の粋を極めた『青天を衝け』パリ編❗~ニュース・シブ5時

 仕事から帰ってきて、今日いの一番にヲタクがやったことと言えば…

そう❗NHKニュースシブ5時『青天を衝け~パリ編の舞台裏』の録画を見ること❗

 

もうね、テンション爆上がりですよ\(^o^)/

1867年(慶応3年)、徳川幕府の威信をかけて、最愛の弟昭武(15才)をはじめ、総勢33名の幕府使節団をパリ万博に送り込む慶喜。その真意は、倒幕に動く薩長勢力を封じ込める為、日本のパビリオンを大々的にお披露目し、フランスの経済的支援を仰ぐところにありました。

 

  シブ5時では、コロナ禍の為パリロケができなかった『青天を衝け』製作陣が、VFX等最新技術の粋を集めて素晴らしい映像を作り上げた、そのプロセスの一端を紹介してくれた❗

 

タキシードやドレス姿の紳士淑女が行き交う万博会場。

あっ、フランスが開発した水力エレベーターが見える❗凄い臨場感、本物みたい…( ゚Д゚)

使節団に会計兼書記官として参加した渋沢栄一(吉沢亮)。使節団の参加者たちが凱旋門の上から眺めたパリの街、パリの空。「これがパリ…❗」と感嘆する栄一の、耀く瞳。

 

そして何と言ってもパリ編映像技術のクライマックスは、昭武(板垣李光人)の、ナポレオン三世謁見シーンでしょう。パリの歴史的建造物内部に居並ぶフランスチームと、日本のスタジオでしずしずと歩みを進める昭武たち。それを合成する最新技術。昭武役の板垣李光人くんは、柱のマーキング(ナポレオン三世の顔の位置😅)相手に演技したらしい。俳優さんって凄いな…。

 

  ああ、そしてそして、吉沢さんの洋装姿大公開~~🎉✨😆✨🎊

栄一の断髪式まで放映してくれるなんて、なんて親切なんだ『青天を衝け』(笑)

フツー、ポマードぺったり撫で付けた七三分けってカッコよく見えないケースが大半だけど😅そこはそれ、「イケメンエレクトリカルパレード」と呼ばれる『青天を衝け』の中でもひときわ光を放つ吉沢亮、韓国でも「顔面天才」と言われる吉沢亮だけあって、その佇まいは、世紀末の花の都巴里の上流紳士にも決してひけをとらないゾ❗(断言)

 

  …しかし、徳川使節団は薩摩藩の狡猾な外交力の前に、思わぬ苦汁をなめさせられることとなります。そこに暗躍したのが、五代友厚(ディーン・フジオカ)ですよね。『青天を衝け』での五代さまは、優しい顔してそのじつ野心家で腹黒い策士。

でも、ヲタク的にはブラック五代のほうが好みかも😍

 

今回の『青天を衝け~篤太夫、青天の霹靂』では吉沢さんと町田啓太さん演じる土方歳三の麗しのツーショットがSNSで大盛上がり、「イケメン大河」の名を欲しいままにしておりますが、パリ編では、パリでジャポニズム旋風を巻き起こしたオリエンタルプリンス昭武役の板垣李光人くんや杉浦愛蔵役の志尊淳くん、福地源一郎役の犬飼貴丈くんも新たに登場して、「イケメンエレクトリカルパレード」がますます眩しさを増すしくみ(笑)