オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

「華麗なる箸使い」吉沢亮 in 『沸騰ワード10』

  この夏の季節に「カニ俳優吉沢亮」が見れるなんて思わなかったから、めちゃくちゃテンション上がった~❗

 

NHK 大河『青天を衝け』の撮影を初めとして、仕事大忙しの吉沢さんが今回訪れたのは、大人向けグランピングリゾート「星のや富士」❗かなり前から「アウトドアの趣味始めたい」「キャンプしたい」と、ことあるごとに語っていた吉沢さんですが、虫がいなくてあんまり疲れなくて自分で料理しないで済むアウトドアといえば😅グランピングしかない(笑)

 

  そしてそして、星のや富士、竹富島、軽井沢から三人のシェフが集結して吉沢さんのためにそれぞれ腕を奮うことに(´ρ`)特に浜名湖のドウマンガニ、浜松出身の夫も知らなかったくらいだから、どのカニも相当貴重品なんだろーな。番組見ていた夫、「大河の主演ともなると、こんな料理も食べられるんだなぁ。亮にゃん、出世したね」(そこかいっっ❗😅)

 

  でもって、吉沢さんの「カニ俳優シリーズ」の何がいいかっていったら、毎回彼の「華麗なる箸使い」が見れることですよ~🎵魚介類って、上手に食べるのが難しい食べ物だと思うんだけど、吉沢さんの場合、箸の使い方カンペキだし、プラス食べ物を口に入れる時の口の開け方がキレイだから最強だよな。吉沢家の家庭の躾がうかがわれます、うん。今回は箸だけでなく、ナイフとフォーク、(カニ寿司をつまむ)指先も堪能できて、ザッツ・ゴージャス❗

 

  食事のお作法はカンペキなのに、「す、すギョい」(さかなクンみたいって言われてた😅)とか、「キャビア一回も食べたことないんです。こんな味なんだ~😍」とか、「カニの上にウニとカニが乗っかってるんですよ❗小学生が考えた食べ物みたい~🎵」とか、発言がいちいち可愛くてギャップ萌え~🎉✨😆✨🎊

 

  そして❗

番組の最後に今年の年末SPで、「カニ俳優吉沢亮、世界へ」の大告知が~❗

(す、すでに、映画みたいなパンフレットが出来てる=笑)

 

  今年1年の疲れが癒されるとイイね😊