オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

アジアンクイーン忽那汐里~Netflix『マーダーミステリー』

 
f:id:rie4771:20211001100845j:image

2019年に配信開始された時点で、Netflix史上最高の週末成績を達成したというミステリーコメディ『マーダーミステリー』を観賞。ロッテントマト等では必ずしも評価が高くはなかったようですが…。

 

確実に面白いです❗

 

和洋問わず、コメディって、「重厚な大作」「エッジーで難解なアート作品」に比べると必ずしも正当な評価を与えられていない気がするのはヲタクだけ❓

 

…まっ、小難しい批評は評論家さんたちにお任せするとして(笑)

 

 

美容師として働くオードリー(ジェニファー・アニストン)と警察官のニック(アダム・サンドラー)、倦怠期の中年夫婦が、15年目のハネムーンで訪れたヨーロッパでひょんなことから英国貴族チャールズ・キャベンディッシュ(名前からして胡散臭いな😅…ちょっと怪しいイケメンを演じたら右に出る者はいないルーク・エヴァンス)と知り合い、地中海の豪華ヨットクルーズに誘われるところから物語は始まります。 豪華ヨットの中では(勿論乗客は超一流のセレブばかり)、折しもゴージャスなパーティーの真っ最中。タキシードや豪奢なドレスに囲まれてもお得意のウィットとユーモアを武器にセレブと丁々発止の二人。そんな時、ヨットのオーナーである億万長者のマルコム・クインス(なんとテレンス・スタンプ❗)が、オリエンタル美女スージー(忽那汐里)を伴って登場。巨額の遺産を若い妻のスージーに全額譲ると発表、その場に居合わせた人々が驚く中、突然電気が消え、再び明るくなった時には、マルコムが血だらけになって床に倒れていました。そして、彼の胸には装飾品として飾られていた宝剣が…❗

 

  セレブにまつわる愛憎、巨万の遺産争い。結果起きる殺人事件。ゴージャスなヨットが舞台のクローズドサークルミステリー。ラストで明らかになりますが、これはアガサ・クリスティのコメディ版です。往年の名優テレンス・スタンプルーク・エヴァンスをはじめ、オラフル・ダッリ・オラフソン(Netflix『トラップ』映画『LIFE❗』)、デヴィッド・ウォリアムズ(英国では超人気だったコメディ番組『リトル・ブリテン』を制作主演した才人)、ジョン・カニ(マーベル『ブラックパンサー』の暗殺されちゃったパパ)など、出演者が超豪華なのも要注目😊テレンス・スタンプやデヴィッド・ウォリアムズのような大物があっという間にいなくなっちゃって、こんな贅沢な使い方していいの?って感じ😅

 

過去にも共演経験があり、息もぴったりのジェニファー・アニストンアダム・サンドラー宮川大助・花子顔負けのアメリカン夫婦漫才で大いに笑わせてくれます。サンドラーの出演作だけあって、下ネタも満載ですが(笑)

 

  そして、ヲタク的に一番のツボは何と言っても、億万長者マルコムの若く美しい妻スージーを演じている忽那汐里ルーク・エヴァンスをフッてテレンス・スタンプと結婚したファムファタールの役で、ミステリアスな魅力を振りまいています。彼女くらい語学力があると、純粋な日本人の役だけでなく、今回のように日系アメリカ人やチャイニーズも演じることができるから、ずいぶん役柄が広がるんじゃないのかなぁ。『デッドプール2』で証明したようにアクションも上手だし😊工藤夕貴菊地凛子に続いて、そのオリエンタルな魅力で、海の向こうの男たちをノックアウトしてちょーだい❗(笑)

 

  今日は台風の影響でなかなか外にも出づらいので、こんな軽~いコメディタッチのミステリーでもいかがでしょうか❓