オタクの迷宮

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

僕を亮ちゃんと呼んで♥️~吉沢亮 in 第45回『ななにー』

 そっかー、亮ちゃんと呼ばれたいのか~♥️

んじゃ、これからはこのブログでも亮ちゃんって呼ぼっかな~🎵

……あー、いやいや、それはあくまでも敬愛する先輩に対する要望であって、単に見知らぬおばさんに亮ちゃんと呼ばれても困るだろう(笑)やっぱり、ヲタクは今まで通り吉沢さんと呼ぼう😅

 

  …というわけで、遅蒔きながら日曜日ABEMA TVの第45回『ななにー』のおはなし。

 

  「新しい地図」のそうそうたるお三方の中で、「誰が吉沢亮と親友になれるか❗❓」マッチングクイズを挙行するという夢のような企画🎉✨😆✨🎊

 さすがは我らが吉沢亮、忖度なしの率直な回答で好感度爆上がりぢゃっ❗(笑)

 

  2問ともバッチリストライク、大正解はゴローちゃん❗誰よりも寡黙だけど、冷静な人間観察に優れ、相手の心を掴むのに長けているんだなぁ…😮しかし、唇の端を満足げにちょっと上げて「ふっ😏」と優雅に笑うゴローちゃんはやっぱり誰よりもゴローちゃんで、独自路線をまっしぐら😊

 

  つよぽんつよぽんで、(最近のボクらの密なカンケイからして、絶対にイケるよね🍾)って踏んでたのが、まるでアテが外れて、マジでちょっとショックっぽい様子が、ヲタク的には一番のツボだった。(『マーキュリー・ファー』の演出家が白井晃さんと知って、「(僕たち)縁があるんだねぇ…」って静かに呟いてるとこも😊)しかしこの方はホントに不思議。『青天を衝け』の時は姿勢を正して「草彅さん」(びしっ)と呼びたくなるのに、バラエティではどうしても「つよぽん」って呼びたくなる。

 

  そしてそしてしんごちゃん❗しんごちゃんのMCの回し方、中居くんの手法を踏襲しつつ彼らしいぶっ飛んだユニークさが加わって、素晴らしかった。大河ドラマの主役のプレッシャーを(オレなんてこんなだったぜぃ)って自分の失敗談をさりげなく持ち出し、吉沢さんを気遣う優しさも見せつつ。(個人的には、NHKの回りをぐるぐる回ってるしんごちゃんと吉沢さんを木陰から三野村利左衛門さんみたいにピーピングしたかったりして  笑)

 

  大先輩を前にしてド緊張しまくりの吉沢さんをさりげなくフォローし、盛り立てて下さるお三方の懐の深さ。

「ぜひまた来てね😊」って温かい言葉が心に沁みた、冬の日曜日の昼下がり♥️