オタクの迷宮

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

60年代ロンドンのオマージュ満載♥️『ラストナイト・イン・ソーホー』

f:id:rie4771:20220522145809j:image

 U-NEXTで『ラストナイト・イン・ソーホー』観賞。

 

  トーマシン・マッケンジー(『ジョジョ・ラビット』『パワー・オブ・ザ・ドッグ』)とアニャ・テイラー=ジョイ(『クイーンズ・ギャンビット』)という、これからグイグイ来るであろう二大アップライジングスターのゴージャス競演❗サイコホラー的な要素に、きちんとミステリーの謎解きもあって、すごく楽しめた🎵

 

  コーンウォールの片田舎に住むエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、両親を亡くしておばあちゃんと二人暮らし。美術大学の奨学生試験にパスして、憧れのロンドン暮らしが始まる。しかし、女子寮に入寮したその当日から、生真面目なエロイーズは、いわゆるアート系の同級生たちに馴染めず、一人ぼっちに。ひょんなことからとある古い屋敷に下宿することになったエロイーズだが、その夜から悪夢に取りつかれてしまう。夜な夜な1960年代のロンドンにタイムリープし、歌手志望で、カフェ・ド・パリの舞台に立つことを夢見るサンディ(アニャ・テイラー・ジョイ)の人生を鏡越しに追体験するようになってしまったのだ。サンディは、ジャック(マット・スミス‥‥『ザ・クラウン』のフィリップ王配や『モービウス』等々、最近お目にかかる機会が多い)という男性と恋に落ちるが、このジャックがとんだ食わせ者で、彼はサンディにストリップショーへの出演や、果ては売春まで強要するようになる。エロイーズはサンディが絶望し、苦しむのを見ても、どうすることもできない。そしてある夜ついに、サンディが惨殺される現場に遭遇したエロイーズ。恐ろしい悪夢が幕を開ける‥‥❗

 

  青春期特有の自意識過剰に縛られて、どんどん自分を追い詰め、孤立していくエロイーズが切ない‥‥😢夢を追いかけるあまり、次第に罠にはまっていくサンディも。誰もが一度は通る時代。ヲタクも、昔むかしの青春期を思い出したよ。あの頃はなんだかすごく生きづらかったなぁ‥‥って。そして、自分には才能があるはずだ、いや自分にはそんな才能なんてありゃしない、ほんのちっぽけな人間なんだ‥‥という尊大さと卑屈さの間を振り子のように行ったり来たりする時代。その点において鏡のように表裏一体をなすエロイーズとサンディという二人の女性を、トーマシン・マッケンジーとアニャ・テイラー=ジョイが繊細に演じて、怖い怖いドラマなんだけど、見終わった後は、胸の奥をぎゅっと絞られるような、良質の青春物語を見終わった後のような、苦くて切ない後味。

 

  エドガー・ライト監督の、60年代ロンドンへのオマージュ満載😊エロイーズが初めて60年代のロンドンにタイムスリップした時、正面には初代ジェームズ・ボンドショーン・コネリー主演の『サンダーボール作戦』のでっかい看板が目に入って、ヲタク思わずニンマリ(笑)

 

そもそも『Last night in SoHo』という題名や、エロイーズという役名も当時の曲から取ったもの。サンディがオーディションの時に歌う※ペチュラ・クラークの『Downtown(恋のダウンタウン)』をはじめとして、  『A world without love』、 『Don't throw your love away』、『Beat girl』、 『Wishin' and hoppin』、『You'are my world』、『Anyone who had a heart』、『Heart wave』‥‥等々盛りだくさん❗(オールディーズは色々な人がカバーしているから、若い人でも、どこかで聞いたことがあるかも😊)

 

しっかし、トーマシン・マッケンジーのブルーグリーンの瞳❗まるで湖みたい😍吸い込まれそう‥‥。映画界、久々に正統派美女登場❗‥‥って感じです。そしてそして、やっぱりアニャ様はオーラすごいっす。今回、歌って踊って大サービス❤️この夏大公開の超話題作『ザ・ノースマン(The Northman)』にもご出演ということで楽しみ~~❗(ワクワク)

 

【今日の小ネタ】

その1

『恋のダウンタウン』を歌ったペチュラ・クラークですが、『フィニアンの虹』っていうミュージカル映画にも主演してるんです。日本ではあんまり話題にならなかったけど、ファンタジックなストーリーに移民や差別の問題を絡めた、なかなかの名作です。あっ、しかも監督がアノ、フランシス・フォード・コッポラ(『ゴッドファーザー』、『地獄の黙示録』)なんですよ❗

どこかの配信サイトでまた見れないかなぁ~。

 

その2

60年代に活躍した華やかなスターたちも総出演❗かつてのボンドガール、ダイアナ・リグ(『女王陛下の007』)やマーガレット・ノーラン(『007 ゴールドフィンガー』)。二人はこの映画が最後の作品になったそうです😢(合掌🙏)

 

  そしてそして、テレンス・スタンプ~❗元祖サイコ・イケメン(笑)(『コレクター』)今、横浜のミニシアター「ジャック&べティ」でピエル・パオロ・パゾリーニ監督特集で、テレンス・スタンプ主演の『テオレマ』(4K)上映されてるんだよなー。『ラストナイト・イン・ソーホー』見たら、やおら見たくなっちゃった(笑)