オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、鑑賞後の感想を呟いたりしています。今はおうちで珈琲片手に映画やドラマを観る時間が至福。

「僕にとって父親の役割が一番大事」by ライアン・ゴズリング


f:id:rie4771:20220803050409j:image

プライベートについては超秘密主義で有名なライアン・ゴズリング(48)が、父親の役割と、映画スターとしてそれにどう向き合うかについて語った。

……というDaily Mailの記事。「有名な」にnotoriousという語が使われているところを見ると、普段のライアンはよほどゴシップ紙泣かせの人物のよう(笑)

 

ライアンには、同じ年のパートナー、エヴァ・メンデスとの間に二人のお嬢さん、エスメラルダ・アマンダ(7才)とアマンダ・リー(6才)がいます。

 

ライアンは、彼の最新作であるNetflix『グレイマン』のヒットマン役を引き受けたのも、娘たちを世界各地に連れていってあげるため……とその理由を明かしました。確かにあの映画、ロケ地がタイのバンコクチェンマイ、ウィーン、ベルリン、クロアチアの古城……とめちゃくちゃゴージャスだったけど、ライアン、家族連れだったのかー😮

 

フランスでは家族一緒にいろいろなところに行ったよ。ルーブル美術館とかね。まあ娘たちに「フランスで一番好きなのは❓」って聞いたら、「ホテルのフルーツプレート❗」って答えるだろうけど(笑)

 

さらに彼によれば、実写版『バービー Barbie』(グレタ・ガーウィク監督。バービー役はマーゴット・ロビー)でバービーのBFケン役のオファーを受けたのも、娘たちに自身の俳優の仕事について説明する良い機会になると考えたからだそう。

……まあでも、僕がケンの役を引き受けた真の理由を彼らに理解してもらうのは難しいかな。ケンの人形で誰も遊んでる人は見たことないよね。だからこそ今彼の人生は語られるべきで、僕が一番演じてみたいと思ったポイントはそこなんだ。

またライアンは、『グレイマン』の爆発シーンを撮影している最中、エヴァから娘たちのズームのピアノレッスンについて電話がかかってきて、それに対応していたことも話してくれたそうです😊

 

 早々に続編製作が発表された Netflix超アクション大作『グレイマン』。そう言われてみれば、心臓病を患う孤独な少女クレア(ジュリア・バターズ)とのシーン、ライアンの良きパパの貌を垣間見ることができますよね。『グレイマン』、天涯孤独になってしまったクレアと、これから疑似父娘関係を結びそうなシエラシックス(ライアン・ゴズリング)。続編では、「子連れヒットマン」シエラシックスのユニークなストーリー展開にも要注目❗ですね😉

★今回の記事の元ネタはコチラ❗⏬⏬⏬⏬


Ryan Gosling gives rare insight into fatherhood with partner Eva Mendes | Daily Mail Online