オタクの迷宮

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

第79回ヴェネチア国際映画祭受賞者決まる❗


f:id:rie4771:20220911090301j:image

★銀獅子賞(監督賞)

ルカ・グァダニーノ監督(『Bones and All』)

君の名前で僕を呼んで』以来ティモシー・シャラメと再びタッグを組んだこの作品。愛する人に対する食人欲求を抑えられない若い女性(テイラー・ラッセル)と、彼女に恋した青年(ティモシー・シャラメ)の、カニバリズムとロマンスの衝撃的な物語。テイラー・ラッセルも新人賞を受賞しました。

 

★最優秀脚本賞

マーティン・マクドナー監督の『イニシェリン島の精霊/The Banshees of Inisherin』

スリー・ビルボード』のマクドナー監督がアイルランド西部の孤島を舞台に描く戦慄の物語。長年の親友(ブレンダン・グリーソン)から突然絶縁状を突き付けられた男(コリン・ファレル)。親友は、今すぐ自分と縁を切らなければ、自分の指を全て切り落とすと恐ろしいことを口にする。そして、島には、死の臭いを嗅ぎ付けるという精霊(バンシー)到来の予感が……❗

 

★最優秀主演女優賞 ケイト・ブランシェット

『タール /TAR』

はいっ❗下馬評通り、ケイト・ブランシェットが『アイム・ノット・ゼア』以来2度目の快挙❗ドイツのカリスマ指揮者・作曲家であるリディア・タールを演じたケイト。タールの深層心理まで表現した問題作のようで、どこかの評論家は「『キャロル』以来、メガトン級の名演技」と言っていましたから、来年の公開を楽しみにしていましょう❗

 

★主演男優賞 コリン・ファレル

『イニシェリン島の精霊 /The Banshees of Inisherin』

何もわからないまま親友に絶縁され、不安と恐怖に苛まれ、追い詰められていく男。……これって『聖なる鹿殺し キリング・オブ・セイクリッド・ディア』(ヨルゴス・ランティモス監督)のシチュエーションに似てますね。あの時コリンを追い詰めたのはバリー・コーガンだったけどね😅 今回もバリーが共演者に名を連ねているから楽しみだわ。親友役のブレンダン・グリーソンではなく、バリーとの2ショットを使ってる記事も多いですね。ヲタク的には、アイリッシュ同士、コリン・ファレルバリー・コーガンのちょっとブロマンスちっくな絡みが好みなんで嬉しい  笑

★『イニシェリン島の精霊』の詳しいあらすじその他はコチラ❗⏬⏬⏬⏬⏬⏬⏬⏬

https://www.rie4771.com/entry/2022/08/10/%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%AB_%C3%97_%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AE%EF%BC%92%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88