オタクの迷宮

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

イル・ヴォーロ、京都清水寺で歌声を奉納する

f:id:rie4771:20220918184309j:image

左から、ダイナミックな表現力を持つジャンルカ、イタリアの太陽のような明るい歌声が身上のイニャリツィオ、7色に変化する抜群の歌唱力ピエロ。

 

  8月の初旬、コロナ禍の第7波が高まる中、3年ぶりに来日してくれたイタリアのテノール3人組、イル・ヴォーロ。ヲタクは東京国際フォーラムのコンサートに行きましたが、何よりも歌を愛し、ファンを大事にしてくれる彼らの暖かい人柄に、改めて感動を覚えたことをつい昨日のように思い出します。その時、世界遺産である京都の清水寺において、世界の平和と人々の安寧を願って、彼らの歌声を奉納する、そしてそれを録画して配信する……(収益はカンボジアの非営利機関WEDOを通じて慈善事業に寄付される)という嬉しい告知がなされました❗

 

 

  彼らが世界遺産でチャリティ・ライブを行うのは初めてではなく、2020年、デビュー10周年を記念して南イタリア世界遺産マテーラ野外コンサートを実施、大成功を収め、映画化もされたことは記憶に新しいところです。

 

  そんな彼らの清水寺チャリティ・ライブ。待ちに待ったその日が来ました~🎉✨😆✨🎊ヲタクは30分も前からスマホを手にソワソワドキドキ(笑)

 

 あっ、始まった~❗きゃー、ジャンルカ、イニャリツィオ、ピエロぉぉぉ~❗

 

  ライブに先だって、東山の即成院を訪れた時の3人の様子が映し出されます。ライブの成功祈願かな❓😊代わる代わる大きな鐘を打たせてもらってはしゃぐ3人。相変わらず可愛ええ……。平野住職様の読経のお声が朗々と鳴り響いて、その素晴らしさにビックリ。このお寺は、25体の菩薩様がそれぞれ楽器を手に持ち、その様子は別名「仏さまのオーケストラ」と呼ばれているそう。その前で「グラン・アモーレ」を歌う3人は、まるでアポロンのよう♥️

 

  京都の夏の宵闇。漆黒の森に浮かび上がる清水寺の舞台。世界遺産の古刹に敬意を表してか、純白のスーツに身を固めた彼らは、いつものヤンチャでいたずらっ子な素顔は陰を潜めて、神妙な面持ちで歌い出します。最初の曲は、「グラン・アモーレ」と並んで彼らのテーマ曲とも言える「誰も寝てはならぬ」。

続く今宵のセトリは……

グラナダ

・Se(もし……映画『ニューシネマパラダイス』より)

・人知れぬ涙(イニャリツィオのソロ)

・禁じられた音楽(ジャンルカのソロ)

・春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか

帰れソレントへ

・ノッテ・ステラータ(星降る夜)

・フニクリ・フニクラ

・オー・ソレ・ミオ

・乾杯の歌

 全11曲を真剣な面持ちで見事に歌いきったイル・ヴォーロ。でも次の瞬間、(やった~~🙆)って顔してニッコリ笑った彼らは、すっかりいつものいたずらっ子さんに戻ってましたとさ、ぢゃん、ぢゃん❗

 

  よくよく見たら、アーカイブ配信はやらないのねぇ😢マテーラのコンサートみたいに映画にしてくれないかなぁ。ね❓うっかり見逃しちゃった人、絶対見たいよねぇ❓

 

 

 

 

★8月8日イル・ヴォーロ東京コンサートの模様はコチラ⏬⏬⏬⏬⏬⏬

https://www.rie4771.com/entry/2022/08/08/%E3%83%8E%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%28%E6%98%9F%E9%99%8D%E3%82%8B%E5%A4%9C%29_in_%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E2%9D%97%EF%BD%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9