オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、鑑賞後の感想を呟いたりしています。今はおうちで珈琲片手に映画やドラマを観る時間が至福。

ドラマ『パム & トミー』~お騒がせカップルのドタバタ劇……と思ったら、全然違った!


f:id:rie4771:20220925140353j:image

 カリスマロックバンド「モトリー・クルー」のドラマーでバンド一の暴れん坊トミー・リーと、モデルで女優のパメラ・アンダーソンが新婚旅行中に撮影したプライベートビデオが、その頃まだ一般的ではなかったインターネットを通じて次々と闇で販売され、アメリカ全体を巻き込む一大スキャンダルとなったその顛末を、彼らの波瀾万丈な結婚生活を絡めて描いたドラマ。

 

  改装中の大邸宅に業者が出入りしていているというのに、大声を上げながらメイクラブ中の二人。トミーはアイデアを次々と業者に申し出ますが、「今さら変更はできない」と、大工のランド(セス・ローゲン)は猛然と反発、怒ったトミーは彼をクビに。費用も回収できず困り果てたランドは、ある夜、彼らの愛の巣に忍び込み、現金や時計、ライフル等を盗み出しますが、その中には1本のビデオテープが…。

 

パメラ・アンダーソンモトリー・クルーのトミー・リーは知ってたけど、奥さんのことは全く知らなかったので、ドラマを見る前にネットで調べてみたんですね。ふむふむ、カナダでフィットネスインストラクターをしていたところをPLAYBOY誌のプレイメイトに抜擢され、豊胸手術を受けてアメリカのシチュエーションコメディに出演かぁ……。この文章読んだだけで、ヲタクの頭の中には、パメラ・アンダーソンの人物像が、先入観としてインプットされてしまったのですが……。

 

ドラマに描かれたパメラ像は、ぜんぜん違うものだったの❗

ネット記事だけで先入観を持ってしまい、ヲタクは自分を恥じましたことよ(/-\*)

 

  トミーと結婚した頃のパメラは、『ベイウォッチ』で人気女優への足掛かりを掴み、初の主演映画を撮了したばかりの時期。『ベイウォッチ』撮影中も、自らの「イット・ガール」化を避けようと台詞について演出家に意見を言いに行ったりして、世間のイメージに反して、かなり意識高い系の女子であることが見てとれます。「将来の目標は、セックスシンボルから出発して演技派に転身し、政治活動に関わり、ビジネスでも成功しているジェーン・フォンダ」と語り、『王様と私』を繰り返し見ては感動して涙するパメラ。……しかしそんな彼女の夢は、1本のビデオテープのために全て狂わされていくのです。

 

  「ベイウォッチ」の撮影現場で、スタッフたちが笑いながらセックスビデオを見ているところに居合わせた時の、彼女の驚きと絶望。彼女にゾッコンのトミー・リーは、あらゆる手段を通じてテープを回収しようとしますが、彼女の絶望をシンから理解することはできません。なぜって❓……それは彼が男だから。

パメラ「あなたの場合は、キャリアに傷つくことはないわ。ちょっとヤンチャした、で許される。でも、私はもう絶望的よ」

(きょとんとした顔で)

トミー・リー「どうして❓」

(イライラして)

パメラ「それは、あなたが男で、私が女だからよ❗」

 

  ニュースショウのキャスター(もちろん、男性)が、彼らのセックステープを笑いながらネタにして、「パメラは裸だけど、裸も彼女にとっては衣装の1つだからね。彼女の2つの浮遊物はデカイなぁ。水中でもよく浮かぶだろうな」って言ってるのをテレビで見て、パメラが真っ青になるシーン、ヲタクも頭に血が上りました🔥血圧、相当上がったと思うわ。

 

  アメリカ社会にはまだまだ、性的搾取や女性蔑視の風潮が残っていたこと、インターネットの黎明期であったために、問題が起きた場合の危機管理システムや法的な整備がなされていなかったこと等がこの事件の泥沼化に拍車をかけ、彼らを精神的に追い詰め、結婚生活の亀裂をさらに加速することになります。


f:id:rie4771:20220925142333j:image

左がご本人たち、右がセバスチャン・スタンとリリー・ジェイムス

何はともあれ、特殊メークも駆使してパメラになりきったリリー・ジェイムスと、全編ほぼパンツ一丁(トミー・リー、自宅ではいつもこのカッコだったらしい😅)、さらにはマッパの※フル◯ン姿までご開帳のセバスチャン・スタン、二人の大熱演に乾杯❗✨🍻🎶

※パメラに一目惚れ、その日のうちに彼女との結婚を決意するトミー・リー。自分の分身たるムスコくんに相談する場面は爆笑モノ😅ムスコくん、自由自在に動くんですけど。と、当然、CGよね❓まさか、セバスチャンにそんな特技ないわよね❓(笑)

 

  落ち込むパメラを元気づけようと、せっせと料理を手作りするトミー・リーが泣かせます😢ヤンチャで、子どもがそのまま大人になったみたいなトミー・リー。(まあ、ロック・ミュージシャンあるあるですが😅)パメラが訴える男女差別や性的搾取の問題にもピンと来ないんだけど、一生懸命理解しようとする姿がカワイイです♥️なにげにセバスチャン・スタンってカメレオン俳優だよねぇ……。

 

  不幸にして、ビデオ流出事件から彼らの関係は少しずつギクシャクしていき、結局は破綻してしまうのですが、あれがなければ、今でも仲良く暮らしていたかもしれないなぁ……。当然、ハデなケンカは避けられないにしても(笑)

 

なんだかんだ言いましたけどこのドラマ、ある意味とんでもなくピュアな二人の純愛物語なのかもしれない。

 

★今日の小ネタ

ビデオ流出事件は、メタルの代表的存在だったモトリー・クルーの人気にも陰りが出始めた頃。トミーが音楽雑誌の「これからの音楽の中心はシアトルだ❗」って記事を読んで、「ちっ、グランジめ❗」って呟く場面が、ヲタク的にはちょっとツボ。確かにニルヴァーナの登場はものすごく新鮮で、ヲタクも中毒みたいに※『Smells like a teen's spirit』を聞いてた時期があるから。ゴメンね、トミー・リー(笑)

※最近、映画『ブラック・ウィドウ』や、『バットマン』(主演・ロバート・パティンソン)の劇中で使用され、再注目されてますよね。