オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・コンサート鑑賞後の感想をゆるゆると呟いたりする気ままなブログです。

ダニエル・クレイグの夫役を演じたヒュー・グラント〜『グラス・オニオン』

 
f:id:rie4771:20230104104838j:image

Netflixで大ヒット中、ダニエル・クレイグが名探偵ブノワ・ブランを演じるミステリー『ナイブズ・アウト/グラス・オニオン』。

 

 ネタバレになるかな…と思って、ヲタクが昨年UPした記事には「匂わせ」で留めておいたんですが、IndiWireが堂々とご本人のインタビューを載せているので、安心して書けるわ〜。…そう❗そのご本人とは、『グラス・オニオン』で、ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)の夫役を演じたヒュー・グラント。エプロン姿でフライパン握った姿はなかなかにキュートでしたことよ。

 

僕はジェームズ・ボンドと結婚したってわけだ。ほんの数秒の出番だし、え?何で僕?って最初は思ったけど、1作目が素晴らしかったからね、引き受けたんだ。

この記事のライターは、「ヒューは、『次のジェームズ・ボンドはゲイって設定でもいいんじゃない?』とでも言いたげだった」と書いてますが、なるほどね〜❗史上初のLGBTの007、ヲタク的には大賛成だけど、イアン・フレミングは草葉の陰でさぞかし驚くでしょうね(笑)

 

 第1作『ナイブズ・アウト/ 刃の館の秘密』の後に、スピンオフ(ブラン自身の前日譚)の企画が出たらしいんだけど、監督のライアン・ジョンソンはそのアイデアを却下、その代わり、第2作目にブランのプライベートライフを覗わせるシーンを挿入することで落ち着いたらしい。それがあの場面だったんですね。

 

 第3作目の制作も既に決まっているみたいだし、記事にもMCUをもじって「『ナイブズ・アウト』シネマティック・ユニバース」と書かれているから、シリーズ化の予定なのね❗これから出番が増えそう。良かったね、ヒュー(笑)


f:id:rie4771:20230103080028j:image

 …とは言え、今回の『ナイブズ・アウト/グラス・オニオン』というタイトルにはライアン監督大いに不満だったもよう。確かに前作は、殺人のトリックにナイフが重要な役割を演じたからで、日本での副題も『刃の館の秘密』でした。日本の場合、第1作はあまり評判にならなかったと記憶してます。…ところが、第2作めは一時期Netflixトップ1になるほどの大ヒット、それにつられて、第1作を見直す人たちも増えているもよう。…それも、『グラス・オニオン』の前に『ナイブズ・アウト』がついてるからでしょ?

 

だから安心して下さい、ジョンソン監督❗

少なくとも日本ではそのマーケティング、成功してます(笑)