オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・ライブ鑑賞後の感想、推し活のつれづれなどを呟いたりする気ままなブログ。

お耽美探偵・江戸川乱歩〜土曜ドラマ『探偵ロマンス』

 
f:id:rie4771:20230210185515j:image

大正8年、帝都・東京。エドガー・アラン・ポーを尊敬し、日本初の推理小説作家になることを目指す平井太郎濱田岳)。ゴミ拾い、支那そば屋…と、様々な職を転々とする傍ら小説を書き、新聞社に原稿を持ち込むも、彼の作品は暗く難解で時流に合わないとその度に突き返されてばかり。そんなある日、富裕な画商が一人娘の眼の前で賊に襲撃された末に射殺され、犯人として、巷で有名な怪盗「ピス健」が指名手配されます。警察の焦燥を嘲笑うかのように、法の手を掻い潜り逃亡し続けるピス健。警察の不甲斐なさに、世論は引退したばかりの名探偵白井三郎の復活を待ち望むようになります。そんなある日、太郎の引く夜鳴きそば屋にフラリと寄った初老のダンディな男(草刈正雄)。彼こそが白井三郎その人だったのです。そしてこの出会いは、太郎の運命を大きく変えていくのでした……❗


f:id:rie4771:20230210192102j:image

※さすがNHK、ゴージャス過ぎるキャスティング

 

 江戸川乱歩その人や作品のオマージュ満載で、ファンにとってはこたえられない作品となっております。

※名探偵白井三郎は、言うまでもなく明智小五郎がモデル。

江戸川乱歩は実際に、日本で最初の探偵事務所と言われる「岩井三郎事務所」に勤務した経験があり、そんな実体験も投影されているもよう。

 そしてそして事件の黒幕は、ご存知怪人二十面相、ジャーン❗(誰が演じているか、詳しく書くとネタバレになっちゃうから、このへんにしときます 笑 …まっでも、溢れるフェロモンでヲタクは最初からわかっちゃったけど (^_^;))白井三郎と二十面相の関係がまた、乱歩の原作通り、ブロマンスふんぷんなのよう〜〜❤奇しくも劇中の太郎の台詞

犯人は自分の犯罪を白井さんに見せたがっている。まるで愛がそこにあるようだ。

にあるように、敵同士の、つまりヒーローとヴィランの屈折した※ブロマンスってのは、フィクションには度々登場します。明智小五郎 VS 怪人二十面相然り、シャーロック・ホームズVS 怪盗ルパン(あるいはモリアーティ教授)然り、NATOエーベルバッハ少佐 VS 怪盗エロイカ青池保子原作『エロイカより愛をこめて』)然り…。怪人二十面相はその名の通り変装の名人ですが、女性に姿を変えて白井にキスを仕掛けるシーンにはヲタク、心臓飛び出そうだったワ(笑)しかし殆どの場合、ヒーローはノンケだから、ヴィランの熱い想いは空回り(^_^;)「可愛さ余って憎さ百倍」の地獄行き(笑)

 

 乱歩センセイ自身、「初恋の相手は同級生の、芸術家肌の少年だった」って後年告白してるけど、ガチのBL作品は『孤島の鬼』くらいなんだよねぇ…なぜか。しかし個人的には、明智と二十面相、あるいは明智と小林少年…という、判りにくいブロマンスのほうが、萌える(笑)

ライバル、あるいは敵同士の愛憎関係をブロマンスって呼ぶのはおかしいって?……いやいや、カインとアベル以来、生まれて初めての敵あるいはライバルって兄弟ですから(笑)


f:id:rie4771:20230210190114j:image

※世に早く生まれ過ぎた自身の運命に懊悩する美しきアンドロギュヌス、お百役の世古口凌。

 また、太郎(乱歩)役が濱田岳っていうのが意外性があっていい❗乱歩役っていうとその作風から、なかなか濱田岳の方向にはいかないけど、草刈正雄とのツーショットが、老いた明智と、ちょっとヒネた小林少年…といった感じで◎笑 しかし乱歩の耽美主義的傾向は、太郎が、オペラ館の踊り子・お百(世古口凌)に寄せる熱き憧憬にちゃんと生かされております。


f:id:rie4771:20230210193114j:image

身体が弱く、学もない自分自身に悩みながらも必死で生きようとする青年、初之助(泉澤祐希)。しかし彼が密かに抱える劣弱の意識は悪漢の好餌となり、洗脳された彼の心には社会に対する憎悪が生まれ……。

初之助のエピソードは、イスラム教過激派組織の少年テロリストの誕生を想起させて、心が痛いです。

 

 果たして名探偵・白井三郎と我らが平井太郎は、怪人二十面相の陰謀を挫くことができるのか?

そしてそれは、白井三郎の過去の未解決事件とどう関わっているのか? 

イルベガンの巣とは?

帝政ロシアロマノフ王朝の財宝はどこに?

……いよいよ明日(2月11日)は待望の最終回❗


f:id:rie4771:20230211053132j:image

秘密倶楽部『赤い部屋』の客人で、上海帰りの貿易商・住良木平吉役の尾上菊之助。当時の魔都・上海の妖気を身に纏っているようで、強烈なオーラ。上海帰りのリル…いやもとい、上海帰りの平吉(笑)芥川龍之介が上海に居たのも同じ頃かしら…。

 

個人的には、映画『THE CODE / 暗号』(監督・林海象)の菊之助さんが大好きなんですけど、この住良木役は507越えたかも❤

 

大橋トリオの歌う主題歌『生きる者』がまた、素晴らしい❗「生きとし生ける者、咲き誇ってゆけ」というメッセージは、ドラマのテーマそのものでもあります。