オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、鑑賞後の感想を呟いたりしています。今はおうちで珈琲片手に映画やドラマを観る時間が至福。

なんで後ろ姿なんぢゃー❗〜『DUNE 砂の惑星 PART2』のオースティン・バトラー


f:id:rie4771:20230428135459j:image

 公開が待ちきれない超大作『DUNE 砂の惑星 PART 2』。主演のティモシー・シャラメ(ポール・アトレイデス)やゼンデイヤ(チャニ)、レベッカ・ファーガソン(レディ・ジェシカ)等PART1から続投のお馴染みのメンツはもちろんのこと、新たに参戦するフローレンス・ピュー(皇帝の息女イルラーン姫)のヴィジュアルが次々と公開されています。



f:id:rie4771:20230503040051j:image

※皇帝の息女イルラーン姫役で初参戦、フローレンス・ピュー。

 

 オースティンは?フェイド・ラウサ・ハルコンネン役のオースティン・バトラーはどれ?

…と血眼になって探したヲタク。

 

あった!あったよ!

…って、う、後ろ姿?それになんか暗いし(笑)耳が尖ってて…まさかのスキンヘッド(^_^;)

 

 1984年のデヴィッド・リンチ版ではロック・ミュージシャンのスティングが演じ、主役をすっかり食ってしまったという曰く付きの役柄。ドゥニ・ヴィルヌーブ監督はこのフェイド・ラウサ役を「冷血な暗殺者」とし、ある偉大なロックスターを引き合いに出して表現したようです。

 

オースティン・バトラーはスクリーン上に、サイコパス、ソシオパス的なシリアルキラーミック・ジャガーがないまぜになったような人物像を造型してみせた。

 

 フェイド・ラウサってポールのライバル的な立ち位置だと思っていたけど、監督の説明からするともっと強烈な悪の権化……というか、つまりラスボス❗❓

 

 く〜っ、ヲタク的にはサイコパスなソシオパスなラスボスを演じるオースティンはめっちゃツボ❗

オースティン、思い切り突き抜けちゃって❗

どこまでもついていくから(笑)


f:id:rie4771:20230428201212j:image

※こんな優しげな雰囲気のオースティンがどんなふうにサイコパスを演じることやら…。