オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

「『今宵の月のように』2枚買いましたよ」by 谷原章介😍

  タニショーさん、そんな名言聞かされたら、好きになっちゃうじゃないーっ(笑)谷原さんはだいたいが洋楽派だそうですが、宮本さんの曲を2枚も…。聴く用と保存用に分けて購入したとか。ヤダー、やっぱめっちゃイイ人ぢゃん❗(笑)もうね、推しが誰かと仲良くしたり、誰かに誉められたりするとその「誰か」も好きになっちゃう哀しきヲタクの性(サガ)…(笑)

 

  昨日(11.26.2019)NHKの『うたコン』、まずは宮本さん、『月にまつわる名曲特集』もちろんこれは絶対外せない名曲『今宵の月のように』にご登場。当時31才の宮本さんの映像が😍ご本人もタニショーさんも「あんまり変わってないね」と。タニショーさんは(当時のほうが)「よりピュアな感じ」って評していたけど、なぜかワタシは(今のほうが…)って思ったんだよね…。人の印象って、それぞれで面白い(笑)

 

  忌野清志郎さんトリビュート『雨上がりの夜空に』。昨日は、昨年衝撃のデビューを果たしたカーリングシトーンズのそうそうたるメンバー共演で、宮本さんの隣に座ってる~~😮こんなゴージャスな図、もう2度と見れないんじゃなかろうか❓NHKさんありがとう❗エレカシのメンバーが一緒ぢゃなくて、トークの時は宮本さん、心なしか淋しそう😿しかしそこは我らが宮本浩次、歌が始まればそこは彼だけの小宇宙❗忌野さんのやんちゃな少年っぽさ、それこそピュアな感じがクロスオーバーしてた💕今年夏、最後の忌野清志郎追悼ライブ、行けなかったからもう、感涙モノです😭またもや舞台を縦横無尽に走り回り、カメラさんをさんざん引っ張り回し😅挙げ句の果ては御大奥田民生トータス松本の膝の上にドシン(笑)同世代の筈なんだけど、(しょーがねーな、コイツ)って表情で苦笑してる民生さんがめっちゃツボ(笑)

 

  そしてそして『冬の花』TV地上波初放送~~❗さすがぢゃNHK、いい仕事してる(なんつー上から目線😅舞い上がったヲタクの戯言です。お許しください🙏)日本のミュージシャンの中で、日本語の使い方が大好きなのはサザンの桑田さん、ユーミン椎名林檎、そして宮本浩次さん❗特に宮本さんは日本古来の湿った情緒を表現できる人だと思う。彼の体の中では、歌謡曲とかロックとかそれこそヒップホップとか、いろんなものが煮えたぎっているんだけど、でもその奥には、古き良き日本の伝統の底流がある。底流だったものが、ぐっと表面に出て来たのが『冬の花』だと思うんですよね。

 

  年内のライブはけっこう涙を飲んだけど(笑)年が明ければ恒例の新春ライブ、そしてそして春のソロライブへ突入❗

 

早く来い来いお正月🎍(笑)