オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・コンサート鑑賞後の感想をゆるゆると呟いたりする気ままなブログです。

『DUNE~砂の惑星 2』フローレンス・ピュー & オースティン・バトラーが参戦❓

f:id:rie4771:20220312174845j:image

(From Pixabay)

  本年度(2022年)アカデミー賞にも、作品賞をはじめとして5部門にノミネートされている超大作『DUNE~砂の惑星』。圧倒的な映像美とティモシー・シャラメの耀くオーラに魅了されましたが…。

 

 パート2の情報がついに告知されましたね❗(ワクワク♥️)今ハリウッドで一番勢いのあるライジングスター、フローレンス・ピューが皇帝の息女、コリノ家のイルラン姫の役で出演することが発表されました~🎉✨😆✨🎊ヲタク的にはもう、これ以上のキャスティングはない❗(断言)ヲタクの熱烈推し、ジャック・ロウデンとプロレスラーを目指す兄妹役で共演した『ファイティングファミリー』。元々はブロンドなのを真っ黒に染め、ゴスメイクで強烈なインパクト😅その後、あの新感覚ホラー『ミッドサマー』(アリ・アスター監督)を経て、『ブラックウィドウ』スカヨハの妹役でハリウッドメジャーに躍り出ました。『レディ・マクベス』の衝撃も忘れられません。こんな短期間にトップに上り詰めたケースってあまりないんじゃないでしょうか。

 

パート1では、皇帝とハルコンネン男爵(ステラン・スカルスガルド)の陰謀により父レト(オスカー・アイザック)を殺されたアトレイド家の嫡子ポール(ティモシー・シャラメ)と継母のジェシカ(レベッカ・ファーガソン)。二人が暗殺者の手をかわし、広大な砂漠を命からがら逃げるうちに砂漠の民フレメンと出逢うところまでが描かれました。そこでポールは運命の恋人チャニ(ゼンデイヤ)と廻り合います。二人は離れがたい絆で結ばれ、子どもも生まれますが、砂の惑星統治権を完全に手中に納めるため、ポールは皇帝の娘であるイルラン姫と政略結婚をすることを余儀なくされるわけです。

 

  そんなポールの心を知った姫は、ポールに対して愛と憎悪、相反する感情を抱くようになります。そんな複雑な役ですから、カメレオン的な演技派フローレンス・ピューにはピッタリですね🎵シャラメとは『ストーリー・オブ・マイ・ライフ~私の若草物語』で、最後には結婚する男女を演じているので息もピッタリでしょう。また、ポールを巡って、ポールの思い人であるチャニとも対立していきますから、ゼンデイヤとの演技合戦も楽しみです😻

 

  そしてもうひとつ❗下に掲げたTwitterにも書かれていますが、ポールの宿敵であり、知力武力あらゆる面でポールに匹敵するカリスマの持ち主であるフェイド・ラウサがついにパート2で登場することも、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督自身から明かされました❗

 

 もちろん。これは、個人的に決めた選択なんだ。最初のパートを紹介するために、充分な数のキャラクターが登場した。だからフェイドはパート2までキープしておくほうがエレガントだろう。もちろん彼は、パート2において、すごく、すごく重要なキャラクターになるよ。

と、ドゥニ監督はEmpire誌に語ったそうです。

 

  うーん、若い世代のフロントランナー、ティモシー・シャラメに匹敵するカリスマ性の持ち主って誰だろう……思いつかない😅

Film updateには

Who would you like to see in the role?

ラウサ役は誰に演じてもらいたいですか?

って書いてあるけど、ヲタク的にはマイク・ファイストかジャック・ロウデン❗…もうめちゃくちゃ独断と偏見で😅好きだから、許して(笑)

 

  まっ、何はともあれ、次なる告知を待ちましょう❗

 

(…って記事を書いた数日後に新情報出た~)

ハリー・スタイルズかオースティン・バトラーか❓って記事が出たと思ったら、オースティン・バトラーに決まったらしい…って情報も流れて、錯綜してます😅2000年に製作されたテレビドラマシリーズでは、ミュージシャンのスティングがラウサ役を演じて主役を食ってしまったらしいので、ハリー・スタイルズもアリかな❓と思っていましたが…。オースティン・バトラーって、ネットで調べたら、ハリーと同様ミュージシャンでもあり、ジム・ジャームッシュの『デッド・ドント・ダイ』でセレーナ・ゴメスのBFを演じてた人みたい。今度エルヴィス・プレスリーの伝記映画で主役を張るみたいですね。ラウサ役はミュージシャンが演じるのが伝統なのか❓(笑)